1on1ミーティングのメリットデメリット。ツールや事例について徹底解説 アイキャッチ画像

1on1ミーティングとは、「部下の成長」を主な目的として実施される、上司と部下が対面で話しあう面談のこと。社員のエンゲージメントを向上させるために有効ともいわれており、1on1を導入する企業もじわじわと増えています。

「1on1ミーティングをこれから導入しようと考えている」
「導入前にメリットやデメリットを押さえておきたい」

このようにお考えの経営者・人事の方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、メリットやデメリットを中心に、1on1ミーティングについて徹底解説していきます。

本記事のポイント

  • 1on1ミーティングのメリット・デメリットがわかる
  • 1on1ミーティングの導入事例がわかる
  • 1on1ミーティングに役立つツールがわかる

いざ1on1を導入しようとしても「なにかと手間がかかるのが面倒くさい…」と思い、挫折してしまう方も少なくないはず。そこを乗り越えて1on1が社内に定着すれば、従業員エンゲージメントが高まり、さらなる企業成長が目指せるはず。ぜひ今回の内容を参考にしてください。

1on1ミーティングとは?

部下のエンゲージメントを高めるために、上司と部下が1対1で話しあう「1on1ミーティング」。1対1での上司と部下のミーティングと聞くと、評価面談のようなものを思い浮かべるかもしれません。しかし、一般的な面談と1on1ミーティングには「実施されるサイクル」に大きな違いがあります。

1on1ミーティングは「短いサイクルで定常的におこなう」のが一つの特徴。会社によって頻度は異なりますが、週1〜月1回で、1回につき30分程度で実施する企業が多いようです。

これまで、上司と部下の1対1の対面でのコミュニケーションといえば、年に1回〜数回の「人事評価面談」がメインでした。一方の1on1ミーティングは、「部下のエンゲージメント向上・成長」を主な目的として実施されるものなので、従来の面談と比べて、部下にとって有意義な時間となるのです。

【関連】 従業員エンゲージメントの必要性とは?【事例あり】

【本題】1on1ミーティングのメリット

1on1ミーティングについての概要をお伝えしたところで、次にメリットを見ていきましょう。1on1ミーティングには、1対1ならではの魅力があります。具体的なメリットは以下の通り。

  1. 上司が部下の「人となり」を理解できる
  2. 部下から上司に相談しやすくなる
  3. 部下が成果への達成度合いを確認できる
  4. チーム全体のパフォーマンスが上がる

1on1のメリット1:上司が部下の「人となり」を理解できる

まず1つ目は「上司が部下の ”人となり” を理解できる」という点。職場で上司と部下が話すことはいわば当たり前の光景ですが、「1対1」となると話は別です。2人きりの空間で話すことで、上司は部下の人間性をより深く理解できるのです。

1on1のメリット2:部下から上司に相談しやすくなる

2つ目は「部下から上司に相談しやすくなる」という点です。部下から上司へ話しかける回数は、「上司から部下」に比べると少ないのではないでしょうか。1on1ミーティングでは、部下の仕事における悩みなどを聞くことで、部下に安心感を与えられるのです。

1on1のメリット3:部下が成果への達成度合いを確認できる

3つ目は「部下が成果への達成度合いを確認できる」こと。「自分が仕事をどれくらい達成できているのか」は、部下本人はあまりわかっていないケースがあります。そこで上司が客観的な評価をすることで、部下自身があらためて「今の仕事の達成状況」「今後やるべきこと」に気づけるのです。

1on1のメリット4:チーム全体のパフォーマンスが上がる

4つ目は「チーム全体のパフォーマンスが上がる」という点。1on1ミーティングは、基本的に上司が部下全員とおこないます。一人ひとりと話しあうことは「上司が部下全員に対して公平に時間を使っている」とも言い換えられるのです。

このような公平感により、チームメンバーの従業員エンゲージメントが高まります。「この上司のもとで働きたい」「この会社でキャリアを積みたい」部下がこのような状態になり、チームのパフォーマンスも高まりやすくなります。

【本題】1on1ミーティングのデメリット

一人ひとりの社員とじっくり向き合える1on1ミーティングですが、それゆえにいくつかのデメリットも存在します。具体的なデメリットは以下の通りです。

  1. 上司の時間的負担が大きい
  2. 効果が見えにくい
  3. 軌道に乗るまで時間がかかる

1on1のデメリット1:上司の時間的負担が大きい

1つ目は「上司の時間的負担が大きい」こと。1on1ミーティングでは、上司は基本的には部下全員と面談をします。部下にとっては1回30分の面談なので負担は小さくても、上司にとっては大きな負担となるのです。業務との兼ね合いもあるため、ミーティングのスケジュール調整が重要となります。

1on1のデメリット2:効果が見えにくい

2つ目は「効果が見えにくい」という点。営業や広告、またコスト削減などであれば「成果」や「効果」も比較的見えやすいといえます。しかし、1on1ミーティングは、定量的な効果がなかなか見えにくいことでなかなか継続できないということもデメリットといえるのではないかと思います。

1on1のデメリット3:軌道に乗るまで時間がかかる

3つ目は「軌道に乗るまで時間がかかる」ことです。上記のように、定量的な効果がなかなか見えない1on1ミーティングは、軌道に乗るまでにそれなりに時間がかかります。軌道に乗るとは、まず1on1ミーティングが全社員に浸透すること。そして、メンバー全員が自走できるようになった状態が完全に軌道に乗ったといえるでしょう。1on1ミーティングを「必ず月1回は実施する」と決めて、継続的におこなう必要があります。まずは3ヶ月は継続しましょう。

【事例】1on1ミーティング導入企業事例

これまで、1on1ミーティングのメリットやデメリットを解説してきましたが、実際に1on1を取り入れている企業には、どんなところがあるのでしょうか。ここでは、具体的な導入事例をご紹介します。

ヤフー株式会社

ヤフー株式会社は、ポータルサイト「Yahoo!JAPAN」をはじめ、広告事業やeコマース事業など、幅広い事業を手がける会社。2012年から1on1ミーティングを導入し、その発端企業としても有名です。

日本における1on1ミーティング導入企業の先駆けともいえるヤフーでは、社員7,000人のうち9割が1on1をおこなっています。また同社での1on1は、「部下のための時間」と明確に定義づけることで、部下の思いを引き出すことを最優先としているようです。

【ヤフーにおける1on1ミーティングのポイント】

  • マネージャー陣(上司)がコーチング研修を受けることで「傾聴のスキル」を身につけ、「適切なフィードバック」を与えられるようにした
  • 「コミュニケーションは頻度が大事」とし、必ず「週1回」の1on1ミーティングを実施
  • 1on1ミーティングを定着させるために、上司の1on1を部下が「点数化」する仕組みを作った

上司がコーチングを学んだり、1on1の頻度を多くしたりと「部下ファースト」で1on1ミーティングを実施している事例といえるでしょう。

【参照】 ヤフーはなぜ6000人の社員を巻き込む「1on1ミーティング」を続けるのか?

クックパッド株式会社

クックパッド株式会社は、「毎日の料理を楽しみにする」というミッションのもと、料理レシピのコミュニティWebサイト「クックパッド」を運営する会社です。国内では月間約5,400万人がサイトを利用しています。

日本最大の料理レシピサイトを運営するクックパッド。しかし、「個人プレーは得意だけどチームプレーは苦手」という社員が多かったといいます。チームプレーを高めるために、まずは社員一人ひとりに耳を傾ける必要があると考え、1on1ミーティングを実施するようになったそうです。

【クックパッドにおける1on1ミーティングのポイント】

  • できるだけ早い段階で課題を解決するため、週1回・15分の1on1を繰り返した
  • エンジニアの仕事に割り込まないよう、事前に「始める時間・場所」を決める
  • 1on1の雰囲気によっては、そのままランチに出かけたり、散歩しながら話したりすることも

課題解決のスピードを早めるため、短時間でたくさんの1on1ミーティングをおこなっている事例です。

【参照】 週1回×15分でチーム変革!事業を成功に導くクックパッドの振り返り

株式会社テモナ

株式会社テモナは、「ビジネスと暮らしを ”てもなく” する。」という企業理念のもと、クラウド型通販システム事業をおこなう会社です。また、2019年に東証マザーズにも上場しています。

以前まで、CS(カスタマーサポート)チームの離職率が20%近くあったという同社。テモナはBtoBの基幹システムを提供していることから、一般的なCSチームよりも社員の「業務量」や「精神的ストレス」が多かったといいます。そんな問題を解決すべく、1on1ミーティングを実施することに。1年後には離職率が20% → 0%になったそうです。

【テモナにおける1on1ミーティングのポイント】

  • 現状把握のためにCSメンバー8人全員と1時間ずつのミーティングをおこなった
  • 「チームの良い点」「チームの課題点」「その課題は改善可能かどうか?」など明確なアジェンダを用意し、徹底的に話し合った

1on1ミーティングによって離職率を下げた事例です。1on1ミーティングを導入してから1年後には、「チーム力が高い」「コミュニケーションが活発」と答える社員が80%まで増えたといいます。

【参照】 1年で離職率が20%⇒0%に!CSチームの組織力を高めたヒミツを大公開

【ツール】1on1に役立つツール3選

続いて、1on1ミーティングに役立つツールを見ていきましょう。数ある中でも、とくにオススメしたい「3つのツール」をピックアップしてみました。

Nudge(ナッジ)

1on1ミーティングの支援ツールとしてじわじわ人気を集めている「Nudge(ナッジ)」。部下を「望ましい方向にそっと押す」というアプローチ方法で、1on1ミーティングをサポートしてくれるツールです。

ナッジでは、行動の基礎である「感情」にフォーカスを当て、感情の知能指数である「EQ」を定期的に測定。個人を動機づけている「感情リテラシー」の状態と変化を把握することで、感情のポジティブな方向へのコントロールに役立ちます。

【参照】 Nudge(ナッジ)

Sharin(シャリン)

1on1ミーティングにおいて、最適なメンバーマネジメントを支える「Sharin(シャリン)」。1on1ミーティング内容の記録や共有をしてくれるサービスです。

上司における「面談内容が活用できていない」「面談内容がバラバラ」といった悩みを解決するため、スケジュール管理から面談の全記録、面談内容の標準化まで、さまざまな機能が備わっています。

パソコンはもちろん、スマホやタブレットにも対応しているため、いつでもどこでも1on1ミーティングの管理が可能です。ミーティングにおける情報整理に大いに役立つので、抱えているメンバーが多いマネージャーの方にオススメ。

【参照】 Sharin(シャリン)

HITO Link パフォーマンス

HITO Link パフォーマンスは、「高速フィードバックで成長を加速するパフォーマンスマネジメント」のツールです。目標管理やフィードバックを「見える化」する機能、フィードバックを人事評価に統合する機能、メンバーの情報を一元化する機能など、1on1ミーティングをスムーズにおこなうための機能が揃っています。

社員の目標進捗のオープン化 → フィードバックを高速サイクルでおこなうことで、社員一人ひとりのパフォーマンス向上につながるでしょう。

【参照】 HITO Link パフォーマンス

手段を目的とせず、
従業員エンゲージメントを高めよう

これまで、1on1ミーティングについて詳しく解説してきましたが、1on1はあくまでも「手段」であり「目的」ではありません。1on1を実施することのみにフォーカスを当てていては、社員の本当の気持ちを引き出すことは難しいでしょう。たしかに、1on1ミーティングには「業務進捗の確認」「課題の洗い出し」といった目的もあげられますが、もっとも重要なのは「メンバーの本当の気持ちを聞いて、従業員エンゲージメントを高める」ことです。

また、ご紹介したように、1on1にはメリットもあればデメリットもあります。だからこそ、1on1ミーティングという「手段」にとらわれることなく、自社でできることを柔軟に考えていく必要があるのです。

【まとめ】1on1ミーティングメリットデメリット

本記事では、1on1ミーティングのメリットとデメリットについて、以下の内容を中心にお伝えしてきました。

メリット

  • 上司が部下の「人となり」を理解できる
  • 部下から上司に相談しやすくなる
  • 部下が成果への達成度合いを確認できる
  • チーム全体のパフォーマンスが上がる

デメリット

  • 上司の時間的負担が大きい
  • 効果が見えにくい
  • 軌道に乗るまで時間がかかる

もちろん、メリットもあればデメリットもあります。また、1on1ミーティングは目的ではなく、あくまでも「手段」なので、導入したからといって満足してはいけません。一人ひとりのエンゲージメントを高めるためにも、部下の本当の声を聞いて、課題解決に取り組むようにしましょう。

【社内SNS製品紹介】社内コミュニケーションツール「Talknote」

社内コミュニケーションツールTalknote アイキャッチ画像

社内コミュニケーションツールとして、弊社が提供している社内コミュニケーションツール「Talknote」をご紹介させてください。Talknoteは、社内コミュニケーションの解決をはじめ企業理念の浸透、業務の効率化を期待できます。

使い方はいたってシンプル。Talknoteは「グループ」「メッセージ」「タスク」の3つの機能のみで構成されているため、SNS慣れしていない方でも簡単にお使いいただけます。その利便性から、すでに約1,000社の企業様に利用いただき、多くの企業様が高い満足度を感じています。

web相談会

テレワークご検討中の方へ WEB相談会開催中!
Talknoteの機能やテレワークでの活用例など、デモ画面とともご説明します。
まだ検討段階という方も歓迎ですので、お気軽にご参加下さいませ。
全力でサポートさせていただきます!

【こんな方にオススメ!】
・テレワークの導入を検討している方
・テレワークで起きている問題について相談したい方
・色々なツールを比較してみたものの、違いがよく分からない

[無料] Talknote無料相談会のお申し込みはこちらから