Home Magazine Style 32013-12-16T16:38:06+09:00
  • talknote
  • フレックスタイム制の清算期間の上限が3ヶ月に延長【2019年4月施行の働き方改革】

    「チームの雰囲気を良くするために、社内の働き方を変えたい」 「フレックスタイム制の導入を検討している」 「フレックスタイム制や働き方改革について知りたい」 このようにお考えの経営者・人事の方もいらっしゃるのではないでしょうか。 最近注目を集めているフレックスタイム制。実は弊社でも、従業員エンゲージメントを高めるための施策としてフレックスタイムを導入しています。そこで今回は、「フレックスタイム制と働き方改革」について解説します。 本記事のポイント フレックスタイム制と働き方改革の概要がわかる フレックスタイム制における法改正についてわかる フレックスタイム制と従業員エンゲージメントの関係がわかる 当然、フレックスタイム制も「法」にしたがって導入しなければなりません。ぜひ今回の内容をもとに、フレックスタイム制と働き方改革についての理解を深めましょう。 もくじ 【前提】フレックスタイム制とは? 【本題】法改正のポイント フレックスタイム制はエンゲージメント向上へつながる 【コラム】社内SNSが働き方改革を実現する5つの理由 【働き方改革を実現】社内コミュニケーションツール「Talknote」 【まとめ】フレックスタイム制に関する法改正 【前提】フレックスタイム制とは? フレックスタイム制とは、「始業・就業の時間を自分で決められる働き方」のこと。英語の「flexible(フレキシブル)」が語源となっており、日本語では「曲げやすい」「融通のきく」といった意味があります。 人材不足や価値観・ライフスタイルの多様化が進む現代。そんな時代のニーズに応えた、柔軟な労働を実現するための制度です。 ここで注意しておきたいのが、「定められた労働時間の中で、自由に働ける」ということ。フレックスタイム制を導入したからといって、「毎日の社員の労働時間が5〜6時間になる」というわけではありません。 あくまでも「週40時間」という決まりの中で、自由に時間を決めて働ける仕組みとなっています。 【本題】法改正のポイント それではさっそく本題である「働き方改革におけるフレックスタイム制」について見ていきましょう。タイトルにもあるとおり、2019年4月に法が改正され、フレックスタイム制における規制も変わっています。具体的には以下のとおりです。 フレックスタイム制の清算期間が 1ヶ月 → 3ヶ月に 2019年4月より、フレックスタイム制の清算期間が「最大3ヶ月まで」に延長されました。清算期間とは、フレックスタイム制のもとで「実際に働いた時間」と「事前に定めた総所定労働時間」を清算するための期間のこと。 【総所定労働時間の計算式】 1週間の法定労働時間(40時間) × 清算期間の暦日数 ÷ 7日 清算期間を「3ヶ月(仮に92日)」としたとき、計算式は「40時間 × 92日 ÷ 7日」となります。このときの総所定労働時間は「約525時間」です。 つまり、社員は3ヶ月のあいだで約525時間を、フレキシブルタイムやコアタイムを遵守した上で、自由に使うことができるということ。 【時間配分の例】 繁忙期である3月の労働時間を長くして、4月・5月の労働時間を短くする 子供の夏休みである8月の労働時間を短くし、9月・10月の労働時間を長くする 清算期間が3ヶ月になったことで、より柔軟な時間配分が可能となっています。この法改正によって、繁忙期や閑散期の考慮が可能となり、社員のワークライフバランス向上も期待できるでしょう。 [...]

  • ティール組織の事例紹介。海外・日本のティール組織事例

    ティール組織とは、上司のマネジメントを必要せずとも成長し続けられる組織のこと。日本でも「ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現」という一冊の本が話題になり、多くの企業が注目するようになりました。 本記事のポイント ティール組織の概要がわかる ティール組織の海外事例がわかる ティール組織の国内事例がわかる 会社がティール組織化すると、社員のさらなる従業員エンゲージメント向上が見込めます。しかし、ティール組織化成功の難易度は高く、国内・海外ともティール組織の企業はまだまだ少ないのも事実。 今回は、そんなティール組織についての概要や事例をご紹介します。ティール組織への理解を深めるためにも、ぜひ本記事をお役立てください。 もくじ 【解説】ティール組織とは? 【本題】ティール組織の事例 社内コミュニケーションツールTalknote 【まとめ】ティール組織事例 【解説】ティール組織とは? ティール組織とは、「上司が部下のことを細かく管理しなくても、目的のために成長し続ける組織」のこと。社員一人ひとりが自ら意思決定をし、ルールや仕組みを独自に工夫していくという特徴が見られます。 ティール組織の「5段階」とは? 組織の最終段階ともいわれるティール組織。ティール組織に至るまでには「5つの段階」が存在します。 具体的な段階は以下のとおり。 Red(レッド)組織 → 強い力をもつ個人による恐怖支配が特徴の組織 Amber(アンバー)組織 → 権力・制度・役職という概念が組み合わさった組織 Orange(オレンジ)組織 → ヒエラルキーをもちながら「実力主義」を取り入れた組織 Green(グリーン)組織 → 個人の主体性を重視し「より人間らしさ」を追求した組織 Teal(ティール)組織 → 現場にいるメンバーがほとんどの決定権をもつ組織 最初の段階である「レッド組織」が生まれたのは、今から約1万年前。そこから「アンバー組織」「オレンジ組織」「グリーン組織」、そして現代では、最終形態である「ティール組織」が誕生しました。 メンバーがお互いに信頼しきっているため、経営陣や上司、役職といった肩書きがなくても立派に機能するのです。 ティール組織の「3つの要素」とは? ティール組織は「3つの要素」によって構成されています。具体的な要素は以下のとおりです。 進化する目的 セルフマネジメント ホールネス ティール組織では、組織自体を「ひとつの生命体」として捉えます。我々人間が「なんのために生きるのか?」と考えるのと同様に、ティール組織でも「なんのために進化するのか?」といった「目的」を常に考えるのです。 また「セルフマネジメント」がうまくいっているため、経営陣や上司からの指示がなくても、組織運営が成り立ちます。 さらに、メンバー自身が「ありのままの自分」でいられる環境をつくる「ホールネス」も重要な要素です。ホールネスが発揮されていると、それぞれの個性やスキルが最大限活かされ、組織としての集団的知性・全体性が飛躍的に成長します。 【本題】ティール組織の事例 それでは本題である、ティール組織の事例を見ていきましょう。海外と日本、それぞれのティール組織事例をご紹介します。 海外のティール組織事例 [...]

フレックスタイム制の清算期間の上限が3ヶ月に延長【2019年4月施行の働き方改革】

「チームの雰囲気を良くするために、社内の働き方を変えたい」 「フレックスタイム制の導入を検討している」 「フレックスタイム制や働き方改革について知りたい」 このようにお考えの経営者・人事の方もいらっしゃるのではないでしょうか。 最近注目を集めているフレックスタイム制。実は弊社でも、従業員エンゲージメントを高めるための施策としてフレックスタイムを導入しています。そこで今回は、「フレックスタイム制と働き方改革」について解説します。 本記事のポイント フレックスタイム制と働き方改革の概要がわかる フレックスタイム制における法改正についてわかる フレックスタイム制と従業員エンゲージメントの関係がわかる 当然、フレックスタイム制も「法」にしたがって導入しなければなりません。ぜひ今回の内容をもとに、フレックスタイム制と働き方改革についての理解を深めましょう。 もくじ 【前提】フレックスタイム制とは? 【本題】法改正のポイント フレックスタイム制はエンゲージメント向上へつながる 【コラム】社内SNSが働き方改革を実現する5つの理由 【働き方改革を実現】社内コミュニケーションツール「Talknote」 【まとめ】フレックスタイム制に関する法改正 【前提】フレックスタイム制とは? フレックスタイム制とは、「始業・就業の時間を自分で決められる働き方」のこと。英語の「flexible(フレキシブル)」が語源となっており、日本語では「曲げやすい」「融通のきく」といった意味があります。 人材不足や価値観・ライフスタイルの多様化が進む現代。そんな時代のニーズに応えた、柔軟な労働を実現するための制度です。 ここで注意しておきたいのが、「定められた労働時間の中で、自由に働ける」ということ。フレックスタイム制を導入したからといって、「毎日の社員の労働時間が5〜6時間になる」というわけではありません。 あくまでも「週40時間」という決まりの中で、自由に時間を決めて働ける仕組みとなっています。 【本題】法改正のポイント それではさっそく本題である「働き方改革におけるフレックスタイム制」について見ていきましょう。タイトルにもあるとおり、2019年4月に法が改正され、フレックスタイム制における規制も変わっています。具体的には以下のとおりです。 フレックスタイム制の清算期間が 1ヶ月 → 3ヶ月に 2019年4月より、フレックスタイム制の清算期間が「最大3ヶ月まで」に延長されました。清算期間とは、フレックスタイム制のもとで「実際に働いた時間」と「事前に定めた総所定労働時間」を清算するための期間のこと。 【総所定労働時間の計算式】 1週間の法定労働時間(40時間) × 清算期間の暦日数 ÷ 7日 清算期間を「3ヶ月(仮に92日)」としたとき、計算式は「40時間 × 92日 ÷ 7日」となります。このときの総所定労働時間は「約525時間」です。 つまり、社員は3ヶ月のあいだで約525時間を、フレキシブルタイムやコアタイムを遵守した上で、自由に使うことができるということ。 【時間配分の例】 繁忙期である3月の労働時間を長くして、4月・5月の労働時間を短くする 子供の夏休みである8月の労働時間を短くし、9月・10月の労働時間を長くする 清算期間が3ヶ月になったことで、より柔軟な時間配分が可能となっています。この法改正によって、繁忙期や閑散期の考慮が可能となり、社員のワークライフバランス向上も期待できるでしょう。 法改正によるメリットは? 法改正によるメリットには、以下のものがあげられます。 繁閑を考慮した時間配分ができる 所定労働時間を超えた賃金を払わなくて良い 社員のワークライフバランスの向上 繁閑を考慮した時間配分ができる 多くの企業は、繁忙期・閑散期で売上が大きく変化するかと思います。たとえば、閑散期に全社員がフル出勤していると、「こんなに人手は必要ないんだけどなぁ…」ということもあるのではないでしょうか。 そんな場面で、今回の法改正が役立ちます。清算期間が3ヶ月になったことで、早く仕事の終わった社員に「早く上がる」という選択肢を持たせられるのです。さらに、ここで早く退勤した分の勤務時間を繁忙期に回せます。繁忙期・閑散期の社員の稼動をコントロールできるようになるのです。 所定労働時間を超えた賃金を払わなくて済む 清算期間が3ヶ月になると、その期間で「所定労働時間を超えた賃金」を払わなくて済むように。詳しくは以下のイメージをご覧ください。 【引用】 厚生労働省 フレックスタイム制のわかりやすい解説&導入の手引き 清算期間が1ヶ月の場合、所定労働時間を超えた賃金は「1ヶ月おき」に支払わなければなりませんでした。 一方、3ヶ月の場合は「1ヶ月目の割増賃金は3ヶ月目で相殺できる」といった調整が可能となるのです。(すべての月で割増賃金が発生した場合は、計算した上で支払いが必要。後ほど詳しく解説します) 社員のワークライフバランスの向上 [...]

Wordpress News

フレックスタイム制の清算期間の上限が3ヶ月に延長【2019年4月施行の働き方改革】

2020/05/13|フレックスタイム制の清算期間の上限が3ヶ月に延長【2019年4月施行の働き方改革】 はコメントを受け付けていません。

「チームの雰囲気を良くするために、社内の働き方を変えたい」 「フレックスタイム制の導入を検討している」 「フレックスタイム制や働き方改革について知りたい」 このようにお考えの経営者・人事の方もいらっしゃるのではないでしょうか。 最近注目を集めているフレックスタイム制。実は弊社でも、従業員エンゲージメントを高めるための施策としてフレックスタイムを導入しています。そこで今回は、「フレックスタイム制と働き方改革」について解説します。 本記事のポイント フレックスタイム制と働き方改革の概要がわかる フレックスタイム制における法改正についてわかる フレックスタイム制と従業員エンゲージメントの関係がわかる [...]

ティール組織の事例紹介。海外・日本のティール組織事例

2020/04/28|ティール組織の事例紹介。海外・日本のティール組織事例 はコメントを受け付けていません。

ティール組織とは、上司のマネジメントを必要せずとも成長し続けられる組織のこと。日本でも「ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現」という一冊の本が話題になり、多くの企業が注目するようになりました。 本記事のポイント ティール組織の概要がわかる ティール組織の海外事例がわかる ティール組織の国内事例がわかる 会社がティール組織化すると、社員のさらなる従業員エンゲージメント向上が見込めます。しかし、ティール組織化成功の難易度は高く、国内・海外ともティール組織の企業はまだまだ少ないのも事実。 今回は、そんなティール組織についての概要や事例をご紹介します。ティール組織への理解を深めるためにも、ぜひ本記事をお役立てください。 もくじ 【解説】ティール組織とは? [...]

人事のためのテレワーク導入手順・プロセス【導入事例あり】

2020/04/22|人事のためのテレワーク導入手順・プロセス【導入事例あり】 はコメントを受け付けていません。

「近々テレワークの導入を検討している」 「実際に導入するまでのプロセスがわからない」 「テレワークの具体的な導入手順を知りたい」 この記事はそんな方のための記事です。昨今、働き方改革や東京オリンピックの開催、新型コロナウイルスの感染拡大にともないテレワークを導入する企業が急激に増えています。そこで今回は、「テレワーク導入の手順」について詳しく解説していきます。 本記事のポイント テレワークの導入手順・プロセスがわかる テレワーク導入時に生まれる課題の解決策がわかる テレワーク導入に成功した企業の事例がわかる 見切り発車でいきなり全社的にテレワークを導入するのではなく、まずは手順やプロセス、事例をしっかりと押さえておきましょう。 [...]

Photography News

1305, 2020

フレックスタイム制の清算期間の上限が3ヶ月に延長【2019年4月施行の働き方改革】

「チームの雰囲気を良くするために、社内の働き方を変えたい」 「フレックスタイム制の導入を検討している」 「フレックスタイム制や働き方改革について知りたい」 このようにお考えの経営者・人事の方もいらっしゃるのではないでしょうか。 最近注目を集めているフレックスタイム制。実は弊社でも、従業員エンゲージメントを高めるための施策としてフレックスタイムを導入しています。そこで今回は、「フレックスタイム制と働き方改革」について解説します。 本記事のポイント フレックスタイム制と働き方改革の概要がわかる フレックスタイム制における法改正についてわかる フレックスタイム制と従業員エンゲージメントの関係がわかる 当然、フレックスタイム制も「法」にしたがって導入しなければなりません。ぜひ今回の内容をもとに、フレックスタイム制と働き方改革についての理解を深めましょう。 もくじ 【前提】フレックスタイム制とは? 【本題】法改正のポイント フレックスタイム制はエンゲージメント向上へつながる 【コラム】社内SNSが働き方改革を実現する5つの理由 【働き方改革を実現】社内コミュニケーションツール「Talknote」 【まとめ】フレックスタイム制に関する法改正 【前提】フレックスタイム制とは? フレックスタイム制とは、「始業・就業の時間を自分で決められる働き方」のこと。英語の「flexible(フレキシブル)」が語源となっており、日本語では「曲げやすい」「融通のきく」といった意味があります。 人材不足や価値観・ライフスタイルの多様化が進む現代。そんな時代のニーズに応えた、柔軟な労働を実現するための制度です。 ここで注意しておきたいのが、「定められた労働時間の中で、自由に働ける」ということ。フレックスタイム制を導入したからといって、「毎日の社員の労働時間が5〜6時間になる」というわけではありません。 あくまでも「週40時間」という決まりの中で、自由に時間を決めて働ける仕組みとなっています。 【本題】法改正のポイント それではさっそく本題である「働き方改革におけるフレックスタイム制」について見ていきましょう。タイトルにもあるとおり、2019年4月に法が改正され、フレックスタイム制における規制も変わっています。具体的には以下のとおりです。 フレックスタイム制の清算期間が 1ヶ月 [...]

2804, 2020

ティール組織の事例紹介。海外・日本のティール組織事例

ティール組織とは、上司のマネジメントを必要せずとも成長し続けられる組織のこと。日本でも「ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現」という一冊の本が話題になり、多くの企業が注目するようになりました。 本記事のポイント ティール組織の概要がわかる ティール組織の海外事例がわかる ティール組織の国内事例がわかる 会社がティール組織化すると、社員のさらなる従業員エンゲージメント向上が見込めます。しかし、ティール組織化成功の難易度は高く、国内・海外ともティール組織の企業はまだまだ少ないのも事実。 今回は、そんなティール組織についての概要や事例をご紹介します。ティール組織への理解を深めるためにも、ぜひ本記事をお役立てください。 もくじ 【解説】ティール組織とは? 【本題】ティール組織の事例 社内コミュニケーションツールTalknote 【まとめ】ティール組織事例 【解説】ティール組織とは? ティール組織とは、「上司が部下のことを細かく管理しなくても、目的のために成長し続ける組織」のこと。社員一人ひとりが自ら意思決定をし、ルールや仕組みを独自に工夫していくという特徴が見られます。 ティール組織の「5段階」とは? 組織の最終段階ともいわれるティール組織。ティール組織に至るまでには「5つの段階」が存在します。 具体的な段階は以下のとおり。 Red(レッド)組織 → 強い力をもつ個人による恐怖支配が特徴の組織 Amber(アンバー)組織 → 権力・制度・役職という概念が組み合わさった組織 Orange(オレンジ)組織 → ヒエラルキーをもちながら「実力主義」を取り入れた組織 [...]

Creative News

1305, 2020

フレックスタイム制の清算期間の上限が3ヶ月に延長【2019年4月施行の働き方改革】

「チームの雰囲気を良くするために、社内の働き方を変えたい」 「フレックスタイム制の導入を検討している」 「フレックスタイム制や働き方改革について知りたい」 このようにお考えの経営者・人事の方もいらっしゃるのではないでしょうか。 最近注目を集めているフレックスタイム制。実は弊社でも、従業員エンゲージメントを高めるための施策としてフレックスタイムを導入しています。そこで今回は、「フレックスタイム制と働き方改革」について解説します。 本記事のポイント フレックスタイム制と働き方改革の概要がわかる フレックスタイム制における法改正についてわかる フレックスタイム制と従業員エンゲージメントの関係がわかる 当然、フレックスタイム制も「法」にしたがって導入しなければなりません。ぜひ今回の内容をもとに、フレックスタイム制と働き方改革についての理解を深めましょう。 もくじ 【前提】フレックスタイム制とは? 【本題】法改正のポイント フレックスタイム制はエンゲージメント向上へつながる 【コラム】社内SNSが働き方改革を実現する5つの理由 【働き方改革を実現】社内コミュニケーションツール「Talknote」 【まとめ】フレックスタイム制に関する法改正 【前提】フレックスタイム制とは? フレックスタイム制とは、「始業・就業の時間を自分で決められる働き方」のこと。英語の「flexible(フレキシブル)」が語源となっており、日本語では「曲げやすい」「融通のきく」といった意味があります。 人材不足や価値観・ライフスタイルの多様化が進む現代。そんな時代のニーズに応えた、柔軟な労働を実現するための制度です。 ここで注意しておきたいのが、「定められた労働時間の中で、自由に働ける」ということ。フレックスタイム制を導入したからといって、「毎日の社員の労働時間が5〜6時間になる」というわけではありません。 あくまでも「週40時間」という決まりの中で、自由に時間を決めて働ける仕組みとなっています。 【本題】法改正のポイント それではさっそく本題である「働き方改革におけるフレックスタイム制」について見ていきましょう。タイトルにもあるとおり、2019年4月に法が改正され、フレックスタイム制における規制も変わっています。具体的には以下のとおりです。 フレックスタイム制の清算期間が 1ヶ月 [...]

2804, 2020

ティール組織の事例紹介。海外・日本のティール組織事例

ティール組織とは、上司のマネジメントを必要せずとも成長し続けられる組織のこと。日本でも「ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現」という一冊の本が話題になり、多くの企業が注目するようになりました。 本記事のポイント ティール組織の概要がわかる ティール組織の海外事例がわかる ティール組織の国内事例がわかる 会社がティール組織化すると、社員のさらなる従業員エンゲージメント向上が見込めます。しかし、ティール組織化成功の難易度は高く、国内・海外ともティール組織の企業はまだまだ少ないのも事実。 今回は、そんなティール組織についての概要や事例をご紹介します。ティール組織への理解を深めるためにも、ぜひ本記事をお役立てください。 もくじ 【解説】ティール組織とは? 【本題】ティール組織の事例 社内コミュニケーションツールTalknote 【まとめ】ティール組織事例 【解説】ティール組織とは? ティール組織とは、「上司が部下のことを細かく管理しなくても、目的のために成長し続ける組織」のこと。社員一人ひとりが自ら意思決定をし、ルールや仕組みを独自に工夫していくという特徴が見られます。 ティール組織の「5段階」とは? 組織の最終段階ともいわれるティール組織。ティール組織に至るまでには「5つの段階」が存在します。 具体的な段階は以下のとおり。 Red(レッド)組織 → 強い力をもつ個人による恐怖支配が特徴の組織 Amber(アンバー)組織 → 権力・制度・役職という概念が組み合わさった組織 Orange(オレンジ)組織 → ヒエラルキーをもちながら「実力主義」を取り入れた組織 [...]

Video News

フレックスタイム制の清算期間の上限が3ヶ月に延長【2019年4月施行の働き方改革】

2020/05/13|フレックスタイム制の清算期間の上限が3ヶ月に延長【2019年4月施行の働き方改革】 はコメントを受け付けていません。

「チームの雰囲気を良くするために、社内の働き方を変えたい」 「フレックスタイム制の導入を検討している」 「フレックスタイム制や働き方改革について知りたい」 このようにお考えの経営者・人事の方もいらっしゃるのではないでしょうか。 最近注目を集めているフレックスタイム制。実は弊社でも、従業員エンゲージメントを高めるための施策としてフレックスタイムを導入しています。そこで今回は、「フレックスタイム制と働き方改革」について解説します。 本記事のポイント フレックスタイム制と働き方改革の概要がわかる フレックスタイム制における法改正についてわかる フレックスタイム制と従業員エンゲージメントの関係がわかる 当然、フレックスタイム制も「法」にしたがって導入しなければなりません。ぜひ今回の内容をもとに、フレックスタイム制と働き方改革についての理解を深めましょう。 もくじ 【前提】フレックスタイム制とは? 【本題】法改正のポイント フレックスタイム制はエンゲージメント向上へつながる 【コラム】社内SNSが働き方改革を実現する5つの理由 【働き方改革を実現】社内コミュニケーションツール「Talknote」 【まとめ】フレックスタイム制に関する法改正 【前提】フレックスタイム制とは? フレックスタイム制とは、「始業・就業の時間を自分で決められる働き方」のこと。英語の「flexible(フレキシブル)」が語源となっており、日本語では「曲げやすい」「融通のきく」といった意味があります。 人材不足や価値観・ライフスタイルの多様化が進む現代。そんな時代のニーズに応えた、柔軟な労働を実現するための制度です。 ここで注意しておきたいのが、「定められた労働時間の中で、自由に働ける」ということ。フレックスタイム制を導入したからといって、「毎日の社員の労働時間が5〜6時間になる」というわけではありません。 あくまでも「週40時間」という決まりの中で、自由に時間を決めて働ける仕組みとなっています。 【本題】法改正のポイント それではさっそく本題である「働き方改革におけるフレックスタイム制」について見ていきましょう。タイトルにもあるとおり、2019年4月に法が改正され、フレックスタイム制における規制も変わっています。具体的には以下のとおりです。 フレックスタイム制の清算期間が 1ヶ月 [...]

フレックスタイム制の清算期間の上限が3ヶ月に延長【2019年4月施行の働き方改革】

「チームの雰囲気を良くするために、社内の働き方を変えたい」 「フレックスタイム制の導入を検討している」 「フレックスタイム制や働き方改革について知りたい」 このようにお考えの経営者・人事の方もいらっしゃるのではないでしょうか。 最近注目を集めているフレックスタイム制。実は弊社でも、従業員エンゲージメントを高めるための施策としてフレックスタイムを導入しています。そこで今回は、「フレックスタイム制と働き方改革」について解説します。 本記事のポイント フレックスタイム制と働き方改革の概要がわかる フレックスタイム制における法改正についてわかる フレックスタイム制と従業員エンゲージメントの関係がわかる 当然、フレックスタイム制も「法」にしたがって導入しなければなりません。ぜひ今回の内容をもとに、フレックスタイム制と働き方改革についての理解を深めましょう。 もくじ 【前提】フレックスタイム制とは? 【本題】法改正のポイント フレックスタイム制はエンゲージメント向上へつながる 【コラム】社内SNSが働き方改革を実現する5つの理由 【働き方改革を実現】社内コミュニケーションツール「Talknote」 【まとめ】フレックスタイム制に関する法改正 [...]

ティール組織の事例紹介。海外・日本のティール組織事例

ティール組織とは、上司のマネジメントを必要せずとも成長し続けられる組織のこと。日本でも「ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現」という一冊の本が話題になり、多くの企業が注目するようになりました。 本記事のポイント ティール組織の概要がわかる ティール組織の海外事例がわかる ティール組織の国内事例がわかる 会社がティール組織化すると、社員のさらなる従業員エンゲージメント向上が見込めます。しかし、ティール組織化成功の難易度は高く、国内・海外ともティール組織の企業はまだまだ少ないのも事実。 今回は、そんなティール組織についての概要や事例をご紹介します。ティール組織への理解を深めるためにも、ぜひ本記事をお役立てください。 もくじ 【解説】ティール組織とは? 【本題】ティール組織の事例 社内コミュニケーションツールTalknote 【まとめ】ティール組織事例 【解説】ティール組織とは? ティール組織とは、「上司が部下のことを細かく管理しなくても、目的のために成長し続ける組織」のこと。社員一人ひとりが自ら意思決定をし、ルールや仕組みを独自に工夫していくという特徴が見られます。 ティール組織の「5段階」とは? 組織の最終段階ともいわれるティール組織。ティール組織に至るまでには「5つの段階」が存在します。 具体的な段階は以下のとおり。 [...]

Off Beat News

フレックスタイム制の清算期間の上限が3ヶ月に延長【2019年4月施行の働き方改革】

2020/05/13|フレックスタイム制の清算期間の上限が3ヶ月に延長【2019年4月施行の働き方改革】 はコメントを受け付けていません。

「チームの雰囲気を良くするために、社内の働き方を変えたい」 「フレックスタイム制の導入を検討している」 「フレックスタイム制や働き方改革について知りたい」 このようにお考えの経営者・人事の方もいらっしゃるのではないでしょうか。 最近注目を集めているフレックスタイム制。実は弊社でも、従業員エンゲージメントを高めるための施策としてフレックスタイムを導入しています。そこで今回は、「フレックスタイム制と働き方改革」について解説します。 本記事のポイント フレックスタイム制と働き方改革の概要がわかる フレックスタイム制における法改正についてわかる フレックスタイム制と従業員エンゲージメントの関係がわかる 当然、フレックスタイム制も「法」にしたがって導入しなければなりません。ぜひ今回の内容をもとに、フレックスタイム制と働き方改革についての理解を深めましょう。 もくじ 【前提】フレックスタイム制とは? 【本題】法改正のポイント フレックスタイム制はエンゲージメント向上へつながる 【コラム】社内SNSが働き方改革を実現する5つの理由 【働き方改革を実現】社内コミュニケーションツール「Talknote」 【まとめ】フレックスタイム制に関する法改正 【前提】フレックスタイム制とは? フレックスタイム制とは、「始業・就業の時間を自分で決められる働き方」のこと。英語の「flexible(フレキシブル)」が語源となっており、日本語では「曲げやすい」「融通のきく」といった意味があります。 人材不足や価値観・ライフスタイルの多様化が進む現代。そんな時代のニーズに応えた、柔軟な労働を実現するための制度です。 ここで注意しておきたいのが、「定められた労働時間の中で、自由に働ける」ということ。フレックスタイム制を導入したからといって、「毎日の社員の労働時間が5〜6時間になる」というわけではありません。 あくまでも「週40時間」という決まりの中で、自由に時間を決めて働ける仕組みとなっています。 【本題】法改正のポイント それではさっそく本題である「働き方改革におけるフレックスタイム制」について見ていきましょう。タイトルにもあるとおり、2019年4月に法が改正され、フレックスタイム制における規制も変わっています。具体的には以下のとおりです。 フレックスタイム制の清算期間が 1ヶ月 [...]

フレックスタイム制の清算期間の上限が3ヶ月に延長【2019年4月施行の働き方改革】

「チームの雰囲気を良くするために、社内の働き方を変えたい」 「フレックスタイム制の導入を検討している」 「フレックスタイム制や働き方改革について知りたい」 このようにお考えの経営者・人事の方もいらっしゃるのではないでしょうか。 最近注目を集めているフレックスタイム制。実は弊社でも、従業員エンゲージメントを高めるための施策としてフレックスタイムを導入しています。そこで今回は、「フレックスタイム制と働き方改革」について解説します。 本記事のポイント フレックスタイム制と働き方改革の概要がわかる フレックスタイム制における法改正についてわかる フレックスタイム制と従業員エンゲージメントの関係がわかる 当然、フレックスタイム制も「法」にしたがって導入しなければなりません。ぜひ今回の内容をもとに、フレックスタイム制と働き方改革についての理解を深めましょう。 もくじ 【前提】フレックスタイム制とは? 【本題】法改正のポイント フレックスタイム制はエンゲージメント向上へつながる 【コラム】社内SNSが働き方改革を実現する5つの理由 【働き方改革を実現】社内コミュニケーションツール「Talknote」 【まとめ】フレックスタイム制に関する法改正 [...]

ティール組織の事例紹介。海外・日本のティール組織事例

ティール組織とは、上司のマネジメントを必要せずとも成長し続けられる組織のこと。日本でも「ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現」という一冊の本が話題になり、多くの企業が注目するようになりました。 本記事のポイント ティール組織の概要がわかる ティール組織の海外事例がわかる ティール組織の国内事例がわかる 会社がティール組織化すると、社員のさらなる従業員エンゲージメント向上が見込めます。しかし、ティール組織化成功の難易度は高く、国内・海外ともティール組織の企業はまだまだ少ないのも事実。 今回は、そんなティール組織についての概要や事例をご紹介します。ティール組織への理解を深めるためにも、ぜひ本記事をお役立てください。 もくじ 【解説】ティール組織とは? 【本題】ティール組織の事例 社内コミュニケーションツールTalknote 【まとめ】ティール組織事例 【解説】ティール組織とは? ティール組織とは、「上司が部下のことを細かく管理しなくても、目的のために成長し続ける組織」のこと。社員一人ひとりが自ら意思決定をし、ルールや仕組みを独自に工夫していくという特徴が見られます。 ティール組織の「5段階」とは? 組織の最終段階ともいわれるティール組織。ティール組織に至るまでには「5つの段階」が存在します。 具体的な段階は以下のとおり。 [...]