Home Blog Style 22013-05-24T19:57:49+09:00
  • talknote

Avada includes a blog shortcode you can use anywhere on the site!

This blog shortcode was submitted by Markus, one of our Avada users and now on our developing team! It just goes to show what an awesome community we have, everyone is willing to help & share ideas. Dont wait, be a part of the Avada community today!

社内コミュニケーション活性化のためのイベント事例5選+2【2020年最新版】

「社内のコミュニケーションを活性化させたい」 「そのためにイベントを実施したい」 「他社はどのようなイベントを行なっているのか知りたい」 このようにお考えの経営者・人事の方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、社内コミュニケーション活性化のためのイベント事例をご紹介します。 本記事のポイント 社内コミュニケーションの重要性がわかる 社内コミュニケーション活性化のためのイベント事例を学べる 社内SNSを取り入れた社内コミュニケーション活性化事例を学べる 社内コミュニケーションを活性化させるための方法はたくさんありますが、その中でも「イベント」はオススメです。定期的にイベントをおこなうことで社内コミュニケーションが活性化し、社員同士の信頼関係構築にもつながります。「社内コミュニケーションを盛り上げて、組織に勢いをつけたい」と考えている方は、ぜひ今回の内容をお役立てください。 もくじ 【背景】なぜ、重要? 社内コミュニケーションの重要性 【メリット】社内コミュニケーション活性化によるメリット 【本題】社内コミュニケーション活性化のためのイベント事例5選 ツールを活用した社内コミュニケーション活性化事例2選 【社内SNS製品紹介】エンゲージメントクラウドTalknote 【まとめ】社内コミュニケーション活性化のためのイベント事例 【背景】なぜ、重要? 社内コミュニケーションの重要性 そもそも、なぜ社内コミュニケーションが重要なのでしょうか? その背景には「時代の変化」が深く関係しています。現代の人材採用は、「売り手市場」となっており、多くの企業が人材不足に悩まされているのです。また、企業は社員の採用が難しくなっていることに加えて、採用広告費を抑えなければならないという状況が続いています。 このような厳しい状況を打開するためには、「すでに在籍している社員のパフォーマンスを上げる」という考え方が重要となります。そして、在籍社員のパフォーマンス向上のきっかけとして、社内コミュニケーションが注目されているのです。 社員の採用ができないからといって諦めるのは早計でしょう。厳しい状況だからこそ、社内コミュニケーションを改善・向上にいち早く着手できるかがカギとなります。 【メリット】社内コミュニケーション活性化によるメリット 社内コミュニケーションの重要性について触れたところで、次に「社内コミュニケーション活性化のメリット」を見ていきましょう。具体的なメリットには、以下の4つがあげられます。 個人・チームの生産性向上 社員満足度の向上 顧客満足度の向上 企業ブランドの向上 社内コミュニケーションが円滑になると、情報の共有や進捗確認がスムーズになります。情報が「見える化」されることで、「自分が何をやるべきか」が明確になったり、仲間を助けられたり。個人・チームとしての生産性向上につながります。また、社員の誰もが発言しやすい雰囲気も作られるため、社員の満足度も高まるでしょう。 社内の情報の量・質が高まることは、顧客満足度の向上にもつながります。社内で共有できるノウハウやナレッジの幅が広がるため、取引先への提案レベルも引き上げられ、より良い商品・サービス提供につながるからです。 また、多くの企業が人材確保に追われている現代では、「社内コミュニケーションに注力している企業の価値が高い」ともいえます。たとえば ”先進的な活動をしている企業” としてメディアに取り上げられやすくなるなど、企業ブランドの向上にもつながるでしょう。 【本題】社内コミュニケーション活性化のためのイベント事例5選 [...]

By |2020/02/19|Categories: 社内コミュニケーション|社内コミュニケーション活性化のためのイベント事例5選+2【2020年最新版】 はコメントを受け付けていません。

働き方改革のユニークな事例10選(残業、オフィス環境、福利厚生など)

「自社の働き方を変えて、チームとしての生産性を上げたい」 「働き方改革のユニークな事例を知りたい」 「自分たちも個性あふれる働き方改革を推進したい」 このようにお考えの経営者・人事の方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、働き方改革のユニークな事例をご紹介します。 本記事のポイント 働き方改革のユニークな事例を学べる 職場環境や福利厚生のアイデアを学べる スマートワークについてわかる いざ「自社の働き方を変えよう!」と思っても、具体的にどのような取り組みをすればよいのかなかなかイメージできないもの。そんな方向けに、具体的な10の企業事例をご紹介します。どれもこれもユニークな事例ばかりです。ぜひ自社の働き方改革にお役立てください。 もくじ 【本題】働き方改革のユニークな事例10選 【HR TIPS】スマートワークとは? 【まとめ】働き方改革のユニークな事例 【社内SNS製品紹介】エンゲージメントクラウド「Talknote」 【本題】働き方改革のユニークな事例10選 それではさっそく、働き方改革のユニークな事例を見ていきましょう。「ユニークな取り組み」をいくつかのカテゴリーに分けてご紹介します。 「残業」に関するユニークな事例 まずは「残業」に関するユニークな事例です。働き方改革において「残業」や「労働時間」は重要なキーワードといえます。 UQコミュニケーションズ株式会社の「朝の勤務を残業にカウント」 UQコミュニケーションズ株式会社は、KDDIグループの子会社で、無線データ通信事業をメインにおこなう会社です。モバイルネットの「UQ WiMAX」、スマートフォン通信の「UQ mobile」といった人気サービスを提供しています。 2014年より働き方改革へのアプローチをはじめた同社。当時、新規事業の立ち上げが続いていたため、残業に追われる社員が多く、社内全体が慌ただしかったといいます。しかし「忙しいからこそ仕事のやり方を変えるべきだ」と考え、制度の見直しをすることに。 【同社で実施する残業の施策】 朝の仕事を残業にカウントし「20時以降の残業」を廃止 「会議は30分以内」と決めることで、無駄な時間を削減 「今増やすべき仕事・切るべき仕事」を明確に分けた これらの施策によって、平均10%の残業時間が削減できたそう。新規事業で忙しいからこそ「働きすぎない」ことで、生産性アップにつなげた事例です。 【参照】 株式会社ワークライフバランス | ケーススタディ 株式会社ZOZOの「ろくじろう」 株式会社ZOZOは、日本最大級のファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営する会社です。70万点を超える商品、即日配送サービス、さらには「ツケ払い」といった、ユーザーファーストなサービスを提供しています。 「8時間労働が当たりまえ」という日本人の常識を見直すべく、同社では「ろくじろう」という制度を導入。文字通り「6時間労働が許される」という取り組みです。単に6時間で帰宅できるというわけではなく、「短い時間でも仕事が終わるように生産性を上げよう」という意図が込められています。 [...]

By |2020/02/19|Categories: 組織エンゲージメント|働き方改革のユニークな事例10選(残業、オフィス環境、福利厚生など) はコメントを受け付けていません。

1on1ミーティングを効率化するツール5つをご紹介

「1on1ミーティングを導入したが、現場はなかなか苦労しているようだ…」 「特に管理職。1on1実施により、負担が大きいと聞く」 「1on1を効率化するためのツールはないだろうか?」 このようにお考えの経営者・人事の方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、1on1ミーティングを効率化させる「ツール」をご紹介します。 本記事のポイント 1on1ミーティングの目的を確認できる 1on1ミーティングを効率化させるツールを5つご紹介 1on1ミーティングの進め方もわかる せっかく1on1ミーティングを組織に導入したのなら、より効率的に実施したいはず。目的・テーマ・進め方がわかった上で、今回ご紹介するツールを導入すれば、さらなる組織力アップにもつながるでしょう。 もくじ 【重要】1on1ミーティングの目的とは? 【本題】1on1ミーティングを効率化するツール5つをご紹介 1on1ミーティングの進め方 1on1ミーティングのテーマ 【事例】1on1ミーティング導入企業事例 【コラム】手段を目的とせず、従業員エンゲージメントを高めよう 【要点まとめ】1on1ミーティングを効率化するツール 【社内SNS製品紹介】エンゲージメントクラウド「Talknote」 【重要】1on1ミーティングの目的とは? ツールを導入する前に、まず確認したいのが「1on1ミーティングの目的」。1on1の目的は組織によってさまざま。大まかに下記のような目的に分類できるでしょう。 部下育成 従業員エンゲージメント向上 公平で公正な人事評価 1on1ミーティングの特徴の一つは短期間で短く実施すること。人事考課のように半年から年に1回のサイクルでおこなうのではなく、週1回〜月1回のサイクルで行われます。このような短いサイクルで、上司は部下とコミュニケーションを多く重ねる中で、業務での悩みを解決したり、会社の方針戦略を理解してもらったりします。 また普段はなかなか聞けないプライベートなことや、健康面についても細かくチェックできます。このような一つひとつのコミュニケーションにより部下の組織に対するエンゲージメントが高まるのです。そして多くのコミュニケーションを取る中で、会社・上司・部下のそれぞれの期待のズレも少なくなっていくでしょう。結果として、評価に対しての認識のズレが起こりづらくなり、公平で公正な人事評価につながるのです。 【本題】1on1ミーティングを効率化するツール5つをご紹介 それではさっそく、1on1ミーティングを効率化するのに役立つツールを見ていきましょう。部下本人の感情のコントロールをサポートするものから、上司のスケジュール管理をサポートするものまで、さまざまなツールがあります。 【ツール1】WiSTANT 組織マネジメントを仕組み化することを目的としたツール「WiSTANT(ウィスタント)」。1on1ミーティング、目標管理、フィードバックのサイクルを効率化させることで、組織力アップをサポートしてくれます。 【具体的な機能】 上司と部下のペア登録 1on1を実施する周期の設定 アジェンダ管理 OKR・MBO・定性目標などの一元管理 自由にフォーマットを設定できる「フィードバックシート」 [...]

By |2020/02/19|Categories: 社内コミュニケーション|1on1ミーティングを効率化するツール5つをご紹介 はコメントを受け付けていません。