Home Blog Style 22013-05-24T19:57:49+09:00
  • talknote

Avada includes a blog shortcode you can use anywhere on the site!

This blog shortcode was submitted by Markus, one of our Avada users and now on our developing team! It just goes to show what an awesome community we have, everyone is willing to help & share ideas. Dont wait, be a part of the Avada community today!

離職率の計算方法とは?【離職率改善企業事例あり】

「自社内の離職率を改善したい」 「そのために、離職率の計算方法を知りたい」 「そして自社の離職率の現状把握をして、今後の改善に役立てたい」 このようにお考えの経営者・人事の方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、離職率の計算方法について詳しく解説していきます。 本記事のポイント 離職率の計算方法がわかる 離職率と定着率の違いがわかる 離職率が改善した事例を学べる 離職率は、企業の現状把握・今後の成長のためにもしっかりと管理・把握したい指標のひとつといえます。正確な離職率を知っておくことで、「社員の離職を防ぐためにどのような施策を打てば良いか?」も明確になるはず。 まずは今回の内容を参考に、自社の離職率の現状をしっかりと把握しましょう。 もくじ 【前提】離職率とは? 【本題】離職率の計算方法とは?【厚生労働省参照】 離職率の平均とは?【厚生労働省参照】 定着率とは? 【事例】離職率改善企業事例 【社内SNS製品紹介】エンゲージメントクラウド「Talknote」 【まとめ】離職率の計算方法 【前提】離職率とは? 新聞やニュースでも時折見かける「離職率」という言葉。離職率とは、「一定期間のあいだにどれくらいの社員が会社を辞めたか」を示す、働きやすさの指標のひとつです。 日本でよく耳にする離職率は多くの場合、厚生労働省による「雇用動向調査」での定義にもとづいたものとなっており、「常用労働者に対する離職者の割合」で数値化できます。 少子高齢化が叫ばれている現代において、離職率は重要なキーワードともいえるでしょう。少子高齢化により、多くの企業は「採用難」に苦しんでいるのが現状です。 外からの人材確保が難しくなっている以上、「すでに在籍している社員の流出」を防ぐ必要があり、それらを測る指標として、離職率は重要な役割を果たします。 また離職率は、「社員の満足度」とも相関します。離職率が低ければ低いほど、社員の職場に対する満足度が高いといえるでしょう。簡単に数字で示せる離職率は、多くの企業が追うべき「KPI(重要業績評価指標)」であるともいえます。 【本題】離職率の計算方法とは?【厚生労働省参照】 それでは本題である、「離職率の計算方法」を見ていきましょう。ここでは、厚生労働省の「雇用動向調査」にもとづいた、離職率の計算方法をご紹介します。 離職率の計算に必要な「3つの用語」 計算の前に、まずは以下の「3つの用語」を覚えておくとわかりやすいでしょう。具体的には以下の3つです。 離職率(入職率) 常用労働者 入職者 離職率(入職率) 常用労働者に対する離職者(入職者)の割合のこと。 常用労働者 以下のいずれかに該当する労働者のこと。 [...]

By |2020/02/21|Categories: 組織エンゲージメント|離職率の計算方法とは?【離職率改善企業事例あり】 はコメントを受け付けていません。

【事例あり】離職率が高い原因は? 離職防止方法とは

「ここ最近、職場の離職率が高く、悩まされている」 「離職率が高い原因とは?」 「社員が離職してしまう会社の特徴とは?」 この記事はそんな方のための記事です。 離職率とは、ある一定期間でどれくらいの社員が辞めたかをあらわす指標のこと。 (例)離職率の計算方法 離職率 = (1年間の退職者数)÷(年初の従業員数)×100 厚生労働省が発表した「新規学卒就職者の在籍期間別離職率の推移」によると、平成28年度の大学卒業後3年以内に離職した人の割合は32%。つまり、3人に1人が就職後3年以内に辞めてしまっている状況です。 もし、あなたの会社でも離職率が高い状況なら、きっと頭が痛いのではないでしょうか。社員が離職してしまうと、会社の戦力がダウンしてしまいます。そのうえ社員にかけた採用・教育コストも無駄になったり、新規採用にも影響が及んでしまうかもしれません。 今回は、離職率を改善したいという経営者・人事の方向けに「離職率が高い理由と、改善事例」について詳しくご紹介していきます。 本記事のポイント 離職率が高い原因がわかる 離職率が高い会社の特徴やデメリットがわかる 離職率を改善できた企業についての事例がわかる 離職率改善は、短期的に見れば教育・採用コストの削減につながり、長期的には会社の業績アップにもつながります。今回の記事から、ぜひ離職率改善のヒントをつかんでください。 もくじ 男性女性それぞれの離職理由TOP3 離職者の本音とは? 【本題】離職率が高い原因、離職率が高い職場の特徴とは? 離職率が高い職場のデメリットとは? 【コラム】芋づる式、連鎖退職の原因とは? 【事例】離職率改善事例 【離職率改善!社内SNS製品紹介】エンゲージメントクラウドTalknote 【まとめ】離職率が高い原因について 男性女性それぞれの離職理由TOP3 社員が離職をするにはもちろん理由があります。労働政策研究・研修機構が行った離職理由についての調査では、以下のような結果が出ています。 労働政策研究・研修機構『若年層の離職状況と離職後のキャリア形成』より作成 この調査では、全ての離職者に対して、離職した理由を複数回答で尋ねています。その結果を男性と女性で分けて、女性離職者の回答率が高い順に並べたものが上のグラフです。 男女のどちらとも多い離職理由としては「肉体的・精神的に健康を損ねたため」「労働時間・休日・休暇の条件がよくなかったため」「人間関係がよくなかったため」などがあげられます。これらの理由は、会社の労働環境が原因とみられます。 次に、男女別の離職理由の1〜3位をそれぞれ並べました。ここから、男女の離職理由の傾向の違いがさらにわかりやすく明らかになります。 女性の離職理由 第1位 結婚・出産のため(33.8%) 第2位 肉体的・精神的に健康を損ねたため(29.3%) [...]

By |2020/02/21|Categories: 組織エンゲージメント|【事例あり】離職率が高い原因は? 離職防止方法とは はコメントを受け付けていません。

組織活性化・職場改善事例10選

人材不足が叫ばれている現代の組織において重要となる「チームビルディング」。チームビルディングとは、メンバーがスキルや経験を最大限発揮しながら、チームが一丸となって目標達成を目指す取り組みのことです。 「強いチームを作って、さらなる企業成長を目指したい」 「そのためのチームビルディングのプロセスを知りたい」 このようにお考えの経営者・人事の方もきっと多いのではないでしょうか。そこで今回は、チームビルディングのプロセスをはじめ、成功のポイントやワークをご紹介します。 本記事のポイント チームビルディングのプロセスがわかる チームビルディングの成功ポイントがわかる チームビルディングに成功した企業の事例を学べる 「チーム力の強い会社は業績も良い」といっても過言ではないほど、企業成長においてチームビルディングは重要です。今よりもっと会社を成長させたいと考えている方は、ぜひ今回の内容をご参考ください。 もくじ 【本題】組織活性化・職場改善事例10選 【チームビルディングに役立つ!社内SNS製品紹介】エンゲージメントクラウド「Talknote」 【まとめ】組織活性化・職場改善事例 【本題】組織活性化・職場改善事例10選 それではさっそく、組織活性化・職場改善の事例を見ていきましょう。 社内コミュニケーション活性化事例 最初に取り上げるのは「社内コミュニケーション活性化」です。若手メンバーが発言しにくい、他部署との連携がうまくいかない…など、社内におけるコミュニケーションに問題を抱えている会社も少なくありません。組織活性化において、社内コミュニケーションを盛り上げることはとても大切です。 【事例1】株式会社サイバーエージェント 株式会社サイバーエージェントは、「21世紀を代表する会社を創る」というビジョンのもと、インターネット広告事業を展開する会社です。インターネットテレビ局「Abema TV」の運営もおこなっています。 大手IT企業である同社では、社内コミュニケーション活性化のために「シャッフルランチ」というイベントを定期的に実施しています。シャッフルランチとは、「普段あまり接点のない社員同士でランチに出かける」というもの。実はこのシャッフルランチ、サイバーエージェントが発祥ともいわれており、今では多くの企業で導入されています。 「ランチ代はどうなってるの…?」と疑問に思うかもしれませんが、基本的には会社が全額負担です。サイバーエージェントの場合は、「毎月1回・一人あたり2,500円まで支給可能」としているそう。シャッフルランチによって、社内における「横のつながり」が生まれ、社内コミュニケーションの活性化につながるわけです。 【参照】 おかんの給湯室 | シャッフルランチとは? | サイバーエージェントから生まれた社内交流活性化策を徹底解説! 【事例2】株式会社ぐるなび 株式会社ぐるなびは、「日本発、世界へ」という企業理念のもと、飲食店情報検索サイト「ぐるなび」を運営する会社です。 同社では、社内コミュニケーションを活性化させるために「ウォーキング・ミーティング」という取り組みを実施。皇居周辺で週1〜3回、社員同士で歩きながら ”ちょっとしたミーティング” をおこないます。 会議室でおこなうミーティングよりも生産性が高いという、ウォーキング・ミーティング。歩きながら話すことで、「第三者に邪魔されないため集中できる」「頭が冴えるためアイデアが思いつきやすい」といったメリットがあるそうです。事実、会議室でのミーティングよりも、のびのびと意見を言える社員が増えたといいます。社内コミュニケーションの活性化はもちろん、社員の生産性を引き出す取り組みともいえるでしょう。 【参照】 株式会社ぐるなび | [...]

By |2020/02/21|Categories: 社内コミュニケーション|組織活性化・職場改善事例10選 はコメントを受け付けていません。