Home Blog Style 22013-05-24T19:57:49+09:00
  • talknote

Avada includes a blog shortcode you can use anywhere on the site!

This blog shortcode was submitted by Markus, one of our Avada users and now on our developing team! It just goes to show what an awesome community we have, everyone is willing to help & share ideas. Dont wait, be a part of the Avada community today!

社内コミュニケーション活性化事例11選
【2019年最新版】

「社内コミュニケーションを円滑にしたい」 「社内コミュニケーション活性化の成功事例を知りたい」 「ユニークな社内コミュニケーション事例を知りたい」 この記事はそんな方のための記事です。会社の風通しを良くする上で欠かせない「社内コミュニケーション」。ただ、身近に社内コミュニケーション活性化の成功事例がない、と悩む経営者・人事の方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、社内コミュニケーション活性化の事例をピックアップしました。 本記事のポイント 社内コミュニケーションの成功事例がわかる ユニークな社内コミュニケーションの事例がわかる 社内コミュニケーションの失敗事例がわかる あらかじめ成功事例あるいは失敗事例をインプットしておけば、ノウハウの実践もスムーズになるはず。ぜひ今回の記事を参考にして、社内コミュニケーション活性化のコツを掴みましょう。 もくじ コミュニケーションの活性化!社内SNS成功事例 情報共有の円滑化 成功事例 組織風土の醸成 成功事例 従業員の意識向上 成功事例 ユニークな社内コミュニケーション事例 【社内SNS製品紹介】エンゲージメントクラウドTalknote 社内コミュニケーション活性化失敗事例から学ぶ まとめ 社内コミュニケーション活性化事例11選 それではさっそく、弊社が提供するエンゲージメントクラウド「Talknote」を導入して、社内コミュニケーション活性化に成功した事例をご紹介します。社員同士のコミュニケーションが円滑化した会社はもちろん、情報共有がスムーズになった会社、組織風土や従業員の意識が向上した会社などさまざま。また、「ユニークな社内コミュニケーション事例」もいくつか挙げているので、ぜひ参考にしてみてください。 コミュニケーションの活性化!社内SNS成功事例 株式会社NATTY SWANKY 株式会社NATTY SWANKYは、「餃子とビールは文化です」というメッセージを広めるべく「肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場」を展開する会社です。東京・神奈川を中心に55店舗を運営しており、2018年には「働きがいのある会社ベストカンパニー」にも選出されています。 同社では、これまで社内コミュニケーションツールとしてLINEを利用。しかし店舗が増えていくにつれ「通知が多くて把握しきれない」「スタッフの顔と名前が一致しない」といった問題が生まれていたようです。そこでTalknoteの導入を開始。 具体的な効果はこちらです。 社員のログイン時間・発言量を把握する機能によってスタッフのケアが可能になった アルバイト応募者とのコミュニケーションも円滑になり「採用後のミスマッチ」が減った 本社や他店舗の情報がタイムリーに伝わり、組織に一体感が生まれた Talknoteの「使いやすいUI」「リアルタイム性」が相まって社内コミュニケーションが円滑になった事例です [...]

By |2019/12/03|Categories: 組織エンゲージメント|社内コミュニケーション活性化事例11選
【2019年最新版】 は
コメントを受け付けていません。

従業員満足度(ES)向上の事例、具体例5選
【2019年最新版】

「従業員満足度が向上した事例、具体例を知りたい」 「従業員満足度を上げる、または測るシステムを導入したい」 「従業員満足度の効果について知りたい」 この記事はそんな方のための記事です。組織活性化のために欠かせない「従業員満足度(ES)」。文字通り「社員がどれくらい会社に満足しているか」を指す言葉です。従業員満足度は、福利厚生や職場の人間関係、マネジメント、仕事へのモチベーションなど、さまざまな要因が影響を与えます。 そこで今回は、従業員満足度を向上させたい経営者・人事の方向けに「従業員満足度向上の事例」を詳しくご紹介します。 本記事のポイント 従業員満足度向上の具体例がわかる 従業員満足度の向上につながるシステム導入について知ることができる 従業員満足度の具体的な効果がわかる 従業員満足度の向上は、企業の成長によって必要不可欠といっても過言ではありません。ぜひ今回の内容から、従業員満足度向上のヒントを掴んでください。 もくじ 従業員満足度(ES)向上の事例、具体例5選 従業員満足度向上の効果とは? 【従業員満足度向上!社内SNS製品紹介】エンゲージメントクラウドTalknote 【TIPS】従業員満足度とエンゲージメントの違いとは? まとめ 従業員満足度(ES)向上の事例、具体例5選 それではさっそく、従業員満足度(ES)向上の事例をご紹介します。ここでご紹介するのは、弊社が提供するエンゲージメントクラウド「Talknote」を導入した企業の成功事例です。従業員満足度は、「情報共有がスムーズであるか?」「社内SNSのUIが使いやすいか?」「スタッフの承認欲求が満たされているか?」などで大きく左右されます。ぜひ以下の事例を参考にしながら、従業員満足度アップにつなげましょう。 株式会社フロジャポン 株式会社フロジャポンは、ケーキやタルト・焼菓子・洋惣菜を販売する「フロ プレステージュ パリ」を展開する会社です。元々フランスで創業された同社は、今では国内114店舗にまで拡大しています。 国内114店舗を抱える同社では、本社と店舗とのコミュニケーションが課題だったようです。とくに「情報伝達の遅さ」「認識のズレ」に問題を抱えており、それあらがスタッフのモチベーション低下にもつながっていたといいます。そこでTalknoteの利用を開始。 【従業員満足度向上につながったポイント】 リアルタイムでの情報共有によって店舗スタッフのモチベーションが向上した 店舗スタッフの細かい意見も共有できるようになり、経営方針の改善に繋がった コミュニケーションが円滑になったことで、店長会議の数が減った 情報伝達がスムーズになったことで経営陣と店舗スタッフとの「行き違い」が大幅に減り、スタッフのモチベーションが向上した事例です 【参照】 [活用事例] 株式会社フロジャポン メーキュー株式会社 メーキュー株式会社は、「おいしさ楽しくMAKE for YOU」のコンセプトのもと、愛知県を中心に学校給食・病院給食・社員食堂・福祉施設向け食事サービスなどを手がける会社です。 1960年に創業された同社ですが、情報伝達が紙面かメールで行われていたことが、社内コミュニケーションの減少につながっていたといいます。なかでも若手社員にとっては働きにくい雰囲気だったとのこと。そこで全社員にTalknoteを導入することに。 [...]

By |2019/12/03|Categories: 組織エンゲージメント|従業員満足度(ES)向上の事例、具体例5選
【2019年最新版】 は
コメントを受け付けていません。

【事例あり】社内コミュニケーション活性化の方法について

「社内コミュニケーションを円滑にしたい」 「社内コミュニケーション活性化のためのアイデアを得たい」 「社内コミュニケーションを活性化させるツールを知りたい」 この記事はそんな方のための記事です。多くの企業が悩みを抱えている「社内コミュニケーション」。異なる世代の社員や部署が増えると、社内のコミュニケーションがギクシャクしたり、エンゲージメントの維持も難しくなったり…と、さまざまな問題が生まれてきますよね。そこで今回は、社内コミュニケーション活性化の方法について詳しくご紹介します。 本記事のポイント 社内コミュニケーション活性化の方法がわかる 社内コミュニケーションを円滑にするツールを知ることができる 社内コミュニケーション活性化の成功事例がわかる 社内コミュニケーション活性化のノウハウを押さえることで、社員のエンゲージメント向上にもつながります。その他にもさまざまな効果があるので、ぜひ本記事を参考にしながら、社内コミュニケーション活性化に役立ててください。 もくじ なぜ、重要? 社内コミュニケーションの重要性 (施策の前に!)社内コミュニケーション活性化の目的は? 他部署との連携、どのようにすればうまくいく? 社内コミュニケーション・組織活性化の目標・KPIをどのように設定すべきか? なぜ、重要? 社内コミュニケーションの重要性 ほとんどの企業は、自社の社内コミュニケーションに課題を感じているといいます。「若手が話しづらい雰囲気になってしまっている…」「他部署とのコミュニケーションがうまくいかない…」「情報伝達が遅くてもどかしい…」そういった悩みを抱えている経営者、人事の方も多いのではないでしょうか。 今や就職活動は「売り手市場」となっており、企業にとって採用が厳しいのが現状です。それに拍車をかけて採用広告費が増大、さらにリモートワーク化によって社内コミュニケーションがますます疎遠に…。だからこそ、いっそう社内でのコミュニケーションが重要になるのです。組織全体を盛り上げるためにも、今一度社内コミュニケーションを見直してみましょう。 【参照】 【事例あり】社内コミュニケーションの重要性について (施策の前に!)社内コミュニケーション活性化の目的は? 社内コミュニケーションを活性化させるためには「目的の設定」が重要です。社員同士のコミュニケーションを円滑にして「自分の会社をどうしたいのか?」「社員にどうなって欲しいのか?」といった目的を考えておきましょう。具体的な目的は以下のようなものです。 社員の生産性アップ 社員の満足度アップ 企業ブランドの向上 顧客満足度の向上 目的の1つ目に「社員の生産性アップ」があります。コミュニケーションが円滑になると、情報共有や業務分担、進捗報告がスムーズになります。大幅な時間短縮が可能となり、社員一人ひとりの生産性もアップするというわけです。 2つ目に「社員の満足度アップ」が挙げられます。とくに若手社員からベテラン社員まで幅広い年齢の社員が集まる企業だと「若手が発言しにくい雰囲気」になりがち。言いたいことを言えない雰囲気は社員にとって大きなストレスになります。裏を返すと、意見交換が活発に行われる職場になれば、社員の満足度も高まるのです。 3つ目は「企業ブランドの向上」です。社内コミュニケーションを課題にする企業は増えていますが、実はここに本腰を入れて取り組んでいる企業はまだまだ少ないのが現状。だからこそ「社内コミュニケーション活性化に取り組む企業は価値が高い」ともいえます。 ”新しい取り組みをしている企業” としてメディアに紹介されやすくなるなど、企業ブランド向上にもつながるのです。 4つ目は「顧客満足度の向上」です。あまり知られていませんが、社内コミュニケーションは顧客満足度にも影響を与えます。とくに、さまざまな業界のクライアントと取引をする企業は、これが顕著にあらわれます。関わる業界が多くなればなるほど、知見や情報量も必要になるからです。社内コミュニケーションの活性化によって情報共有がスムーズに行われていれば、クライアントへの提案のレベルも引き上げることができます。 社内コミュニケーション活性化の方法5つ それではさっそく、社内コミュニケーション活性化の方法をご紹介します。コミュニケーションと聞くと「直接会うこと」をイメージされるかと思いますが、必ずしも対面だけとは限りません。コミュニケーションを円滑にする方法には、社内SNSや社内通貨、あるいはオフィス内の工夫などさまざまな方法があります。なかでもオススメしたい方法を5つピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてください。 社内SNS [...]

By |2019/11/28|Categories: 組織エンゲージメント|【事例あり】社内コミュニケーション活性化の方法について はコメントを受け付けていません。