チームビルディングの手法5選!成功のポイントやワークまとめ【事例あり】 アイキャッチ画像

チームビルディングとは、「チームのメンバーが、個性やスキルを発揮しながら、同じ目標に向かって進んでいくための組織づくり」のこと。

  • 「もっとチーム力が上がれば業績も伸びるはずなのに…」
  • 「自社のチーム力を上げるためにはどうすれば良いの…?」
  • 「チームビルディングのポイントやワークがあれば知りたい」

きっとこのようにお考えの経営者・人事の方も多いことでしょう。会社の成長のためにはチームビルディングが欠かせません。そこで今回は、より団結力のあるチームを作るための手法やポイントについて解説します。

本記事のポイント

  • チームビルディングの理論・プロセスがわかる
  • チーム力向上のポイントがわかる
  • チームビルディングに成功した企業事例がわかる

いざチーム力を高めようと思っても、なかなか一筋縄ではいかないのが現実です。良いチームをつくるためには「そこに至るまでのプロセス」や「適切な手法」をまずインプットしておく必要があります。それらのポイントを事前に押さえておけば、さらに強い会社になれるはず。ぜひ今回の記事を、自社のチーム力の向上にお役立てください。

チームビルディングの有名なモデル理論:タックマンモデルとは?

チームビルディングにあたってまず覚えておきたいのが「タックマンモデル」です。1965年に心理学者のブルース.W.タックマンが提唱し、数あるチームビルディングの研究の中でも最重要な理論ともいわれています。

タックマンモデル図

タックマンモデルでは、「チームは4つの段階を踏まえて成長する」ことを示しています。その後も研究が進み、1977年に新たに1段階が追加。現在では「5段階」となっています。

  1. Forming(フォーミング)- 形成期
  2. Storming(ストーミング)- 混乱期
  3. Norming(ノーミング)- 統一期
  4. Performing(パフォーミング)- 機能期
  5. Adjourning(アジャーニング)- 散会期

1.Forming(フォーミング)- 形成期

メンバーが決定し、チームが歩き始める段階。この段階では、お互いの性格やスキルはもちろん、チームの目標もまだ決まっていません。そのため、メンバー同士が仲良くなるための取り組みが重要です。また、事業戦略のフレームワークなどを決め、チームとしての方向性を決めます。

2. Storming(ストーミング)- 混乱期

チームの目標に対して、メンバー同士が意見を主張しあうことで「対立」が起こる時期です。「私だったらこうする!」といった意見が多くなったり、チーム内での上下関係を気にする動きが見えたりします。

また、チーム内のモチベーションが下がる時期でもあるため「ストーミング期を踏ん張れるかどうか」がとても重要です。この時期を乗り越えるためには「対話」が有効。あえてメンバー全員の意見を表面化させ、メンバー全員での問題解決を心がけましょう。

3. Norming(ノーミング)- 統一期

チームに一体感が生まれ、メンバーが同じ目標に向かって歩き出す時期。ストーミング期でお互いに意見をぶつけ合ったことで、あらためてチームとしてのビジョンやメンバーの役割が明確になります。メンバーの発言も「私だったらこうする!」から「私のチームは」といった表現へと変わり、それぞれのモチベーションもアップ。

4. Performing(パフォーミング)- 機能期

チームに連動性が生まれ、さらに勢いがつく時期です。お互いにサポートしあいながら、チームとしてのパフォーマンスが最大限発揮されます。今までそれぞれの「内」に向いていたエネルギーが「外」に向くようになり、チームが一致団結してミッション達成を目指すように。また、「このチーム・メンバーなら大丈夫」といった信頼関係も生まれます。目標達成がメンバーの「成功体験」となり、それぞれの自信へとつながります。

5. Adjourning(アジャーニング)- 散会期

目標・ミッションが達成され、チームが解散する時期。さらにスキルアップを目指そうとするメンバー、今回のミッションに心残りがあるメンバーなど、それぞれの思いがあらわれます。このタイミングで異動や退職をするメンバーも出てくるでしょう。

チームビルディングには、以上のようなプロセスがあります。なかには「混乱期を避けて統一期になってほしい」「メンバー同士で衝突したくない」と考える方もいらっしゃるかと思います。しかし、どれか一つのステップを飛ばして「団結力のあるチーム」を作ることは難しいのです。

チームビルディングの手法

それでは、本記事の本題の「チームビルディングの手法」についてです。とくにオススメしたい「5つの手法」をご紹介します。

  1. 緊張をやわらげる「ゲーム」
  2. 関係性を強くする「イベント」
  3. チームが一丸となる「アクティビティ」
  4. 自主性を高める「ワークショップ」
  5. 日常のコミュニケーションを活発にする「社内SNS」

1. 緊張をやわらげる「ゲーム」

メンバーの緊張をやわらげるには「ゲーム」をおこなうのが良いでしょう。チームが結成されたばかりの時期は、お互いの性格や特長もわからない上に、緊張しているメンバーが多いです。そういった場合には、全員がラフに楽しめるゲームを取り入れてみましょう。

【関連】 チームビルディングにオススメのゲーム10選【事例あり】

2. 関係性を強くする「イベント」

メンバー同士の関係性を強くするには「イベント」がオススメ。たとえば、飲み会やバーベキュー、社員旅行などがあげられます。社外での交流を増やすことで「メンバーのプライベートな一面」を知ることができ、より関係性が深まるのです。

3. チームが一丸となる「アクティビティ」

チームの団結力を高めるには「アクティビティ」が良いでしょう。とくに、メンバー全員でできるスポーツがオススメ。二人三脚リレーやダブルダッチなど、エンタメ性に富んだスポーツを取り入れるとなお良いでしょう。なかには運動会を開催している企業もあります。

4. 自主性を高める「ワークショップ」

メンバーの自主性を高めるには「ワークショップ」がオススメ。ワークショップとは、短い時間のなかで与えられた課題や創作活動に取り組む、いわゆる「体験型セミナー」のようなものです。短い時間でトライ&エラーを繰り返し成果を出す、という成功体験ができます。
メンバーの自主性が増すことで、ミーティングでの発言も積極的になるでしょう。

5. 日常のコミュニケーションを活発にする「社内SNS」

日常のコミュニケーションを活発にするなら「社内SNS」が良いでしょう。社内SNSとは、社内だけの利用に特化したコミュニケーションツールのことです。たとえば「LINEのビジネス版」と考えるとわかりやすいでしょう。社内SNSには、社員のコメントに対する「いいね機能」をはじめ、業務を簡単に管理できる「タスク機能」など、便利な機能がそろっています。また、顔写真や自己紹介文をのせるプロフィール欄もあるため、チームメンバーの顔と名前もすぐに覚えられるでしょう。社内・チーム内のコミュニケーションが円滑になり、より団結力のあるチームが作られます。

【事例紹介】チームビルディングの事例2選

それでは、チームビルディングの成功事例を見ていきましょう。ここでは、弊社が提供する社内コミュニケーションツール「Talknote(トークノート )」を導入し、チームビルディングに成功した企業をご紹介しています。

株式会社SUU・SUU・CHAIYOO

[活用事例] 株式会社SUU・SUU・CHAIYOO画像

株式会社SUU・SUU・CHAIYOOは、2004年の「タイの食卓 クルン・サイアム 自由が丘店」のオープンを皮切りに、今では国内14店舗のタイ料理店を展開する会社です。タイ人シェフが手がける本格料理は多くの人気を集めています。

店舗拡大・スタッフ増加にともなって「チーム内のコミュニケーションの取りづらさ」に頭を悩ませていた同社。そこで、チーム内での情報共有を増やし、それを見返せる環境が必要だと考え「Talknote」を導入したそうです。

【チームビルディングのポイント】

  • 各店舗ごとの動きやノウハウが共有できるようになり、情報共有に対する社員のストレスが減った
  • 「いいね!」機能によってチーム内に承認文化が根付き、社員一人ひとりの積極性が増した
  • 会社としての理念・想い・考えが浸透したことで、社員の帰属意識が高まった

スムーズな情報共有ができるようになり、メンバーのストレスが減り、積極性が増した事例です。

【参照】 [活用事例]株式会社SUU・SUU・CHAIYOO

ぜんち共済株式会社

[活用事例] ぜんち共済株式会社画像

ぜんち共済株式会社は、2006年に「障がい者のための日本唯一の保険会社」として設立された会社です。第3回ホワイト企業大賞「風通し経営賞」の受賞経験もあります。

社内の人間関係がギクシャクしており、チーム・部署間の連携が取れていなかったという同社。今から4年前までは、決して風通しの良い企業とはいえなかったといいます。そんな現状を打開しようと、Talknoteの導入を開始。

【チームビルディングのポイント】

  • 報連相がタイムリーにできるようになり、メンバー間の距離がグッと近づいた
  • メンバーの誰がどんなことを考えるのか見えるため、社員の連携もスムーズになった
  • 社員からの提案をキッカケに、昔から夢だった社員旅行が実現した

Talknoteの「タイムリーな情報共有」をキッカケに、良好な人間関係・チームが作られた事例です。

【参照】 [活用事例]ぜんち共済株式会社

【社内コミュニケーションツール製品紹介】社内コミュニケーションツール「Talknote」

社内コミュニケーションツールTalknote アイキャッチ画像

社内コミュニケーションツールとして、弊社が提供している社内コミュニケーションツール「Talknote」をご紹介させてください。Talknoteは、社内コミュニケーションの解決をはじめ企業理念の浸透、業務の効率化を期待できる社内コミュニケーションツールです。

使い方はいたってシンプル。Talknoteは「グループ」「メッセージ」「タスク」の3つの機能のみで構成されているため、SNS慣れしていない方でも簡単にお使いいただけます。その利便性から、すでに約1,000社の企業様に利用いただき、多くの企業様が高い満足度を感じています。

web相談会

テレワークご検討中の方へ WEB相談会開催中!
Talknoteの機能やテレワークでの活用例など、デモ画面とともご説明します。
まだ検討段階という方も歓迎ですので、お気軽にご参加下さいませ。
全力でサポートさせていただきます!

【こんな方にオススメ!】
・テレワークの導入を検討している方
・テレワークで起きている問題について相談したい方
・色々なツールを比較してみたものの、違いがよく分からない

[無料] Talknote無料相談会のお申し込みはこちらから

チームビルディング手法のまとめ

本記事では、チームビルディングの手法について、以下のようなポイントをお伝えしてきました。

  • チームビルディングの理論・プロセスがわかる
  • チーム力向上のポイントがわかる
  • チームビルディングに成功した企業事例がわかる

企業の成長において必要不可欠ともいえる、チームビルディング。ご紹介したように、良いチームが形成されるまでには、正しいプロセス、適切な手法を理解し、ひとつずつ着実に実行していく必要があります。

また、社内SNSの導入などによってチームビルディングに成功した企業もたくさんあります。「もっと風通しの良い会社にしたい」と考えている経営者・人事の方は、ぜひ今回の内容を参考にしてみてください。

引き続き、本メディアでは社内エンゲージメント向上に役立つ情報をお届けしていきます。