【人事・リーダー向け】チーム・社員・部下のモチベーション対策(事例あり) アイキャッチ画像

「社内の退職・離職に悩んでいる…」
「社員のモチベーションを上げて、会社を盛り上げたい」

とお考えの経営者・人事の方も少なくないのではないでしょうか。人材不足が叫ばれている現代、会社にとっては社員一人の離職でもダメージは大きいですよね。そこで重要になってくるのが「モチベーション」です。そこで今回は、社内におけるモチベーション対策について徹底解説します。

本記事のポイント 

  • 社員のモチベーション向上のポイントがわかる
  • 社員の退職・離職の原因がわかる
  • 社員のモチベーション向上の事例がわかる

あらかじめモチベーション対策を打っておけば、いきなり社員が会社を辞めてしまう「サプライズ退職」などもきっとなくなるでしょう。社員・チームを育て、さらなる企業成長を、と考えている方は、ぜひ今回の内容を参考にしてみてください。

モチベーションとは?

モチベーションとは、英語とラテン語の「move」が語源となっており、「動かす」「動き出させる」といった意味があります。仕事へのモチベーションの場合、「目的達成に向かって行動を明確化し、その実行を支える力」と言い換えられるでしょう。モチベーションは「目的」があってはじめて生まれるため、最初の目標設定がきわめて重要になります。

またモチベーションには、いくつかの「学説」が唱えられており、とくに「マズローの欲求階層説」と「期待説」は覚えておくと良いでしょう。

マズローの欲求階層説

心理学者マズローが提唱した「人間の欲求」に関する学説です。マズローは「人間の欲求は5つの段階にわかれており、下の階層が満たされることで次の階層も満たされる」ということを提言しています。5つの階層は以下のとおり。

マズローの欲求階層説

期待説

心理学者ビクター・ブルームが提唱した学説です。モチベーションとは「努力すれば結果が出るだろうという期待」と「その努力によって得られる報酬の魅力」の2つに左右されるというもの。

たとえば、
どれだけ勉強を頑張っても、その試験に合格できる確率は低い
中途入社しても、昇進できるかどうかわからない

こういった場合、その人のモチベーションは下がってしまうのです。

モチベーション向上のポイントとは?

モチベーション向上においてもっとも重要なものの一つ、それが「目標設定」です。期待説を提唱したビクターブルームは、人間のモチベーションは「目標の魅力」「達成可能性」の2つによって決められると提言しています。

公式であらわすと【モチベーションの高さ = 目標の魅力 × 達成可能性】となります。

モチベーションの高さ = 目標の魅力 × 達成可能性

魅力的な目標をつくるには?

魅力的は目標をつくるには、以下のポイントを意識するのがオススメ。

  • ラダー効果:「なぜこれをやるのか?」を明確にする
  • オプション効果:社員自身が「自分で選ぶ行為」を増やす
  • サンクス効果:「今の業務がどこに繋がり、会社にどう貢献しているのか?」を考えさせる
  • スポットライト効果:名前をあげるなど「社員個人が注目してもらう機会」をつくる

達成可能な目標をつくるには?

達成可能な目標をつくるには、以下のようなポイントを意識してみましょう。

  • マイルストーン効果:小さい目標をたくさん設定して「成功体験」を積む
  • フィードバック効果:成果に対して客観的に評価する
  • ロールプレイング効果:あえて「違う役職」を体験させて視点を変える
  • ナレッジ共有:ノウハウを共有する

目標の魅力と達成可能性、この2つが満たされてはじめて社員のモチベーションは向上します。どちらかに偏らないよう、バランスよく実践していくことが大切です。

離職率の原因、離職率が高い職場の特徴とは?

さて、前章では社員のモチベーション向上について解説しました。しかしながら、社員のモチベーションがなかなか上がらず、「離職率」が高くなっている会社もあるというのが現状のようです。そしてそういった職場には共通した原因や特徴があるので、以下でご確認ください。

離職率が高まる原因とは?

離職率が高くなってしまう大きな原因は以下の3つ。

  1. 人間関係がうまくいっていない
  2. 給与や評価制度が不明瞭である
  3. 会社のビジョンや経営理念が浸透していない

1つ目は「人間関係がうまくいっていない」という点。数多くのアンケートや調査でも結果が出ているように、職場における悩みにおいて「人間関係」と答える社員がほとんどです。上司との関係がうまくいかない、社員同士のコミュニケーションが少なく「情報伝達にズレ」が生まれてしまう、といった理由で働きにくさを感じている社員は多いのです。

2つ目は「給与や評価制度が不明瞭である」ということ。社員が、自分の労働量や成果に対して「正しく評価されていない」と感じることで他社に転職してしまったり、会社から必要とされていないと感じて退職してしまったり…といったケースがあります。

3つ目は「会社のビジョンや経営理念が浸透していない」という点。会社としてのビジョンや経営理念が浸透していないと、社員は将来に対して不安を抱えてしまいます。「この会社は本当に成長するのか?」といった懐疑心から、社員は退職を考えてしまうのです。

離職率の高い職場の特徴は?

また、離職率の高い職場には、以下のような特徴があるようです。

  1. 過度な労働時間・ノルマを課している
  2. 給与が低すぎる
  3. ハラスメントが横行している
  4. 求人内容と実際の業務にギャップがある

1つ目は「過度な労働時間・ノルマを課している」ということ。国の規定では1ヶ月の残業時間を「45時間まで」とされていますが、それ以上に残業をさせている会社も存在します。社員のプライベートを考えずに長時間労働を強制したり、無理のあるノルマを押しつける会社は、すぐに社員が離れてしまうでしょう。

2つ目は「給与が低すぎる」という点。社員に対して、労働時間や成果に見合った報酬を与えていない場合、転職や退職を考える社員が増えるでしょう。

3つ目は「ハラスメントが横行している」ことです。ハラスメントの代表例には、「パワハラ」「セクハラ」「モラハラ」の3つがあげられます。

  • パワハラ:暴力をふるう、執拗に叱り続ける
  • セクハラ:性的な嫌がらせ、性差別をする
  • モラハラ:言動や態度によって相手に精神的苦痛を与える

このようなハラスメントが横行している会社で働きたい社員はいません。ハラスメントが発覚した瞬間、社員は会社を去っていくことでしょう。

4つ目は「求人内容と実際の業務にギャップがある」という点。求人には給料や年間休日、福利厚生、仕事内容が記載されていますが、実際に働くとまったく異なる内容だったというケースも多いのです。当初の予定と現実にギャップがあった場合、社員は会社に対して不信感を抱き、退職を考えはじめるでしょう。

【TIPS】ティール組織とは?

モチベーション向上に関連して、覚えておきたいのが「ティール組織」です。ティール組織とは「上司が部下のことを細かく管理しなくても、目的のために成長し続ける組織」のこと。給与や社内ルール・仕組みなど、そのほとんどの決定権は「社員」にあるのが特徴です。

またティール組織では、組織を「ひとつの生命体」と捉えており、個人がまるで「体の組織」かのように主体的かつ調和的に動きます。そのため、社長や管理職といった権限をもつリーダーが存在しません。ティール組織が完成した企業の場合、肩書きや役職すら存在しないケースもあります。

つまりティール組織では、社員が「自主経営」をおこなっているということ。それぞれが自分の判断で最適な意思決定を下すことが前提としてあるため、ほとんどの物事をスムーズに進められるのです。

【参照】 ティール組織とは? 5段階、3要素、事例について徹底解説

【事例紹介】チーム・社員のモチベーション対策の仕掛け

続いて、チームや社員のモチベーション向上に成功した企業の事例をご紹介します。数ある中から「5つ」の事例をピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてください。

【事例1】株式会社ヴィエリス

株式会社ヴィエリス

株式会社ヴィエリスは、「すべての女性をもっとキレイに」という経営理念のもと、全身脱毛サロン「KIREIMO(キレイモ)」を全国展開する会社です。今では43店舗を展開したり、数多くのモデルやタレントからも人気を集めています。

以前まで、情報共有ツールに「LINE」を使っていた同社。しかし、プライベートツールであることから、休暇中でも仕事のことが目に入ってしまうなど「公私混同」によって、スタッフのモチベーションが下がりつつあったといいます。そこで社内SNSの「Talknote」を導入することに。

【モチベーションアップにつながったポイント】

  • 業務連絡の伝達率が高まり、すばやく修正や改善ができるようになった
  • アクションリズム解析での勤怠報告によって、社員の状態を察知し、いち早くケアできるようになった
  • いいね!機能によってスタッフ同士が「褒め合う文化」が醸成され、個人のモチベーションが向上した

社内SNSのスムーズな情報共有、いいね!機能によって、社員のモチベーションが向上した事例です。

【参照】 [活用事例]株式会社ヴィエリス

【事例2】株式会社フォルシア

株式会社フォルシアは、検索ソリューションやトラベルビジネスソリューションなど、データベースを使ったシステム開発事業を展開する会社です。「テクノロジーの力で人々の意思決定を支える」という理念のもと、事業を拡大しています。

データベース開発事業をメインでおこなっていることから、エンジニアの評価制度のあり方に課題を抱えていた同社。そこで導入したのが「3C評価制度」です。「会社への収益の貢献度」「業務に対する献身度」「会社への安定的関与」の3つを評価することで、社員のモチベーション向上をはかったといいます。

【モチベーションアップにつながったポイント】

  • 「ボーナスの分配額をどうするか?」を社員それぞれで考え、その結果に応じて特別賞与額を配布した
  • ボーナスという「数字」が社員のモチベーションアップに直結した

どれくらい会社に貢献しているかを、ボーナスという「数字」で評価したことで、社員のモチベーション向上につながった事例です。

【参照】 [活用事例]株式会社フォルシア

【事例3】株式会社カヤック

株式会社カヤックは、「つくる人を増やす」という経営理念のもと、ゲーム・広告・Webサービスなど「面白くてバズるコンテンツ」を生み出し続ける会社です。

数々のWebコンテンツを生み出してきた ”クリエイター集団” ともいえる同社では、他社とは一風変わった社内制度を導入していることでも有名です。その中のひとつが「スマイル給」と呼ばれる制度。社員が褒めあうことをルール化した制度で、1ヶ月のあいだで「無作為に選ばれた ”特定の社員” からどれくらい褒められたか」を基準に、給与とプラスαのボーナスが支給される仕組みです。

【モチベーションアップにつながったポイント】

  • 直接仕事で関わらない社員との交流が生まれ、社員のモチベーションが上がった
  • 褒めあうことが日常化し、社内コミュニケーションが活性化した

褒めることを、あえて「ルール化」することで、社員のモチベーション向上につなげた事例といえるでしょう。

【参照】 面白法人カヤック サイコロ給とスマイル給

【事例4】クックパッド株式会社

クックパッド株式会社は、料理レシピのコミュニティサイト「クックパッド」を運営する会社です。「個人と社会と地球が抱えるさまざまな課題を、料理を通して見つけ、考え、解決する」という企業理念のもと、事業をおこなっています。

国内トップクラスの料理レシピサイトを運営する同社では、「社内異動したい場合は社員が自ら手を上げる」という制度を導入しています。マズローの欲求階層説のなかでも「自己実現欲求」を満たす施策といえるでしょう。具体的には、社内で人材が必要な部門に、会社側が一方的に配属させるのではなく、社員に向けて募集をおこないます。

【モチベーションアップにつながったポイント】

  • 社員の「やりたい」という意思を尊重することで、個人のモチベーションアップにつながった
  • 仮に異動が不採用になった場合でも、本人にフィードバック、必要スキルの研修などをおこなった

社員の意思を尊重することで個人のモチベーションが上がり、スキルアップやキャリアアップにもつながった事例です。

【参照】 クックパッド株式会社

【事例5】株式会社朝日広告

株式会社朝日広告

株式会社朝日広告は、求人広告をメイン商材とした広告代理店です。マイナビやリクルートといった大手から全国の地方媒体まで、幅広い求人媒体を取り扱っています。

以前までメールで情報共有をおこなっていた同社。しかし、1日休むだけで山のように通知が溜まり、「メンバーの行動や案件進捗がわからない」という問題があったそう。このままでは「認識のズレ」が広がりモチベーション低下にもつながりかねないと考え、社内SNS「Talknote」の導入を決意したといいます。

【モチベーションアップにつながったポイント】

  • メール量が10分の1に減少したことで、情報共有における社員のストレスが大幅に軽減した
  • スムーズな情報共有によって、身の回りだけでなく会社全体の動きが「見える化」された
  • ありがとうを贈りあう「サンクス機能」によって、お互いの信頼関係が深まり、組織としてのモチベーションが向上した

メールでの無駄なコミュニケーションロスが減り、会社全体の動きがクリアになったことで、個人・組織のモチベーションが上がった事例といえるでしょう。

【参照】 [活用事例]株式会社朝日広告

【社内SNS製品紹介】社内コミュニケーションツール「Talknote」

社内コミュニケーションツールTalknote アイキャッチ画像

社内コミュニケーションツールとして、弊社が提供している社内コミュニケーションツール「Talknote」をご紹介させてください。Talknoteは、社内コミュニケーションの解決をはじめ企業理念の浸透、業務の効率化を期待できる社内コミュニケーションツールです。

使い方はいたってシンプル。Talknoteは「グループ」「メッセージ」「タスク」の3つの機能のみで構成されているため、SNS慣れしていない方でも簡単にお使いいただけます。その利便性から、すでに約1,000社の企業様に利用いただき、多くの企業様が高い満足度を感じています。

web相談会

テレワークご検討中の方へ WEB相談会開催中!
Talknoteの機能やテレワークでの活用例など、デモ画面とともご説明します。
まだ検討段階という方も歓迎ですので、お気軽にご参加下さいませ。
全力でサポートさせていただきます!

【こんな方にオススメ!】
・テレワークの導入を検討している方
・テレワークで起きている問題について相談したい方
・色々なツールを比較してみたものの、違いがよく分からない

[無料] Talknote無料相談会のお申し込みはこちらから

【コラム】仕事にモチベーションは不要? モチベーションは自分で管理するもの?

これまで、会社や仕事におけるモチベーションの重要性について解説してきました。しかし、一方で「モチベーションは自分で管理するべき」「そもそもモチベーションがなくても仕事ができる人が一流」と考えている方もいることでしょう。

モチベーションの向上には「いつ下がるかわからない」という意味もはらんでいます。常に波があるため、高いモチベーションを維持し続けるのは至難の技ともいえるでしょう。そのため、「会社の取り組みだけで社員のモチベーションを維持するのには無理がある」と考える経営者も多いわけです。

たしかに、モチベーションは個人で管理するべき部分が多いです。同じ環境下でも、積極的に働く社員もいれば、そうでない社員もいます。しかし、会社側にできることもたくさんあります。今回取り上げたように「労働時間」「評価制度」「報酬」など、社員が働きやすい環境を整えてあげることも大切です。少しでも社員のストレスを減らし、モチベーションアップにつながる取り組みを心がけましょう。

モチベーション対策まとめ

本記事では、社内におけるモチベーション対策において、以下のようなポイントを中心にお伝えしてきました。

  • 社員のモチベーション向上のポイントがわかる
  • 社員の退職・離職の原因がわかる
  • 社員のモチベーション向上の事例がわかる

社員の退職や離職が多い場合は、もう一度自社の労働環境や報酬について見直してみる必要があるでしょう。社内環境を整えた上で、今回ご紹介したモチベーション対策をおこなえば、会社の風向きも良い方向へと導かれるはず。社員のモチベーションを上げて、さらなる企業成長をお考えの経営者・人事の方は、ぜひ今回の内容をお役立てください。

引き続き、本メディアでは社内エンゲージメント向上に役立つ情報をお届けしていきます。