飲食店のチームワーク向上のポイントを事例から学ぶ アイキャッチ画像

「店舗の売上を上げたい」
「現場の離職率を改善したい」
「そのために、チームワークを向上させたい」

このようにお考えの経営者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、飲食店におけるチームワーク向上のポイントや事例をご紹介します。

本記事のポイント

  • 飲食店におけるチームワークの重要性がわかる
  • 飲食店におけるチームワーク向上のポイントがわかる
  • チームワークが向上した飲食店の事例を学べる

飲食業界は、労働条件の問題や人手不足の問題など、さまざまな問題によって、チームワークを高めるのが難しいといえるでしょう。そのような現状に頭を抱えている方も多いのではないでしょうか。

今回の内容をしっかりと確認・実践すれば、今よりも良いチームがつくれるはず。それではさっそく見ていきましょう。

飲食店でチームワークが求められる背景とは?

そもそもなぜ飲食店で「チームワーク」が求められるのでしょう。その背景について見ていきましょう。

飲食業界は人手不足が深刻

チームが結成され歩きはじめる段階。お互いの性格やスキルはもちろん、チームとしての目標も定まっていないため、まずメンバー同士が仲良くなるための取り組みをおこなう必要があります。ある程度お互いを知ることができたら、事業戦略についても話し合い、チームとしての方針を決めましょう。

飲食業界の離職率はワースト1

平成30年に厚生労働省が公表した「雇用動向調査」の表をご覧ください。業界別の「離職率」と「入職率」がデータとして出ています。

業界別の「離職率」と「入職率」

【参照】 厚生労働省 | 平成30年雇用動向調査結果の概況

ご覧いただいてわかるように「宿泊業・飲食サービス業」の離職率は「26.9%」となっており、他業界と比べて圧倒的に離職率が高いのです。

また「入職率」もダントツで高く、すなわち「人材の入れ替わりが激しい」「人がなかなか定着していない」ことを示しています。

厳しい業界だからこそ「スタッフのチームワーク」が求められる

飲食業界では、スタッフが次々と退職していく → 人材が育たない → 作業効率が下がる → 組織としての生産性が下がる、といった「負の連鎖」が起きている現場が多い傾向にあります。

だからこそ「スタッフのチームワーク」が重要になるのです。この「負のスパイラル」から抜け出すためには、スタッフが「もっとこの会社に居たい」「この会社に貢献したい」と思ってもらえるような取り組みをおこなう必要があるでしょう。

スタッフの会社・店舗に対する貢献度が増すことで、一人ひとりの生産性が上がり、チームとしてのパフォーマンス向上にもつながるのです。

また飲食業界は、「労働力」への依存度が高い産業といえます。しかし、人手不足等の問題により、多くの人材を投入して価値を生み出すことは難しい時代です。一刻も早くその対策をしなければ、企業として生き残ることは厳しくなる時代といえるかもしれません。

しかし、チームワークを向上させられれば、企業利益が向上し、そのような時代の波を乗り越えられるでしょう。

飲食店のチームワーク向上の効果とは?

飲食店でのチームワーク向上の「効果」を見ていきましょう。具体的には以下のような効果があげられます。

  1. 離職率の低下
  2. 店内に活気が生まれる
  3. 各スタッフの生産性アップ
  4. 顧客満足度アップ

チームワークの向上が向上すると「もっとこの会社にいたい」と思うスタッフが増えるでしょう。そのため「離職率の低下」につながります。また、スタッフ同士の情報共有やコミュニケーションが円滑になることで、店内の活気も良くなるでしょう。

さらに、チームワークが高くなることで「もっとチームに貢献したい」と感じるスタッフがあらわれ、各スタッフの生産性アップも見込めることでしょう。

生産性が上がると、それにともない「商品・サービスの質」も上がるため、顧客満足度アップにつながります。その結果、店の売上アップにも結びつくのです。

飲食店のチームワーク向上のポイントとは?

続いて、飲食店でのチームワークを高めるためのポイントを見ていきましょう。具体的には以下のポイントを意識してみてください。

  1. 目標を共有する
  2. 情報をオープンにする
  3. スタッフ同士のコミュニケーション量を増やす

ポイント1. 目標を共有する

まずは、目標をチーム内でしっかり共有しましょう。まず、目標を決めることで「それを達成するためにやるべきこと」が明確になります。

とくに「頑張ればクリアできそうなもの」「目標をクリアするまでの期限を決める」といった工夫をするのが良いでしょう。(目標の立て方については後ほど詳しく解説します)

ポイント2. 情報をオープンにする

店舗でのチームワークを高めるためには「情報のオープン化」も重要といえます。つまり、「誰が、いつ、どこで、何をやっているのか?」を見えるようにするということ。

店内の情報が把握できていないと、スタッフ同士の認識のズレが生じ、チームワークが乱れてしまいかねません。すべてのスタッフが店内情報を把握できるような工夫が必要です。

ポイント3. スタッフ同士のコミュニケーション量を増やす

スタッフ同士のコミュニケーション量を増やすことも、チームワーク向上において大切なポイントです。なかには、「若手スタッフが発言しにくい」という環境になっている飲食店も少なからずあるはず。

それらを解消するためには、「スタッフ同士のフランクな会話」ができる環境をつくる必要があるといえるでしょう。

基本的なところでいうと「日頃から現場で声をかけあう」「挨拶をする」「店内の状況を伝え合う」といった方法があげられます。直接のコミュニケーションを重ねることで、スタッフのやる気アップにもつながるでしょう。

また、スタッフ同士のコミュニケーション量を増やす方法として「社内SNS」の導入はオススメです。これはいわゆる「ビジネス用のLINE」のようなものです。

社内SNSでも、「トーク機能」「グループ機能」があり、お店に立っている時間以外でのコミュニケーション活性化につながります。

日頃からたくさんの会話を重ねることで、お互いの理解が深まり、スタッフの生産性向上、店舗の売上アップにもつながるでしょう。(社内SNSについては後ほど解説します)

各店舗でミーティングするときに意識したい3つのこと

スタッフ同士の情報共有のために、店舗内でミーティングをおこなうことも多いはず。そこで「ミーティング時に意識したいこと」を3つご紹介します。以下のポイントを意識してみましょう。

  1. 全員からまんべんなく意見を聞く
  2. 「それやって意味あるの?」はNG
  3. うなずきながら話を聞く

1. 全員からまんべんなく意見を聞く

まずスタッフ全員から「まんべんなく」意見を聞くことが大切です。スタッフには、積極的なメンバーや普段あまり話さないメンバーなど、さまざまな性格の人がいるでしょう。

ミーティングでは、ついつい「積極的なメンバー」だけで話を進めてしまいがちですが、それでは良い意見はなかなか生まれません。しかしそれではミーティングを全員でおこなう意味がありません。

できる限り多くのメンバーから意見を聞いた方が、チームワーク向上にも役立ちます。

また、ちょっとしたことですがスタッフ全員からまんべんなく意見を聞くために、「円のかたち」で座るのがオススメです。そして、左回りで順番に意見を言っていくなど、出来るだけ多くの意見が聞ける工夫をしましょう。

2. 「それやって意味あるの?」はNG

ミーティングではさまざまな意見が飛び交いますが、「それって意味あるの?」発言はNGです。頭ごなしに相手の意見を否定すると、相手が傷つく上に、チームとしての士気も下がってしまうでしょう。

先輩に「それって意味あるの?」と言われると、後輩はますます発言しにくくなり、働きづらくなってしまいます。現場に立っているスタッフの意見は尊いものです。どんな意見に対しても、まずは聞く耳を立てて、受け入れることを心がけましょう。

3. うなずきながら話を聞く

意見を言うことも大切ですが、それ以上に「聞くこと」も重要だといえます。ミーティング中は、相手の話にうなずきながら話を聞くようにしましょう。

話している側も、相手の反応がないと「誰も聞いてくれないのでは…」と不安になります。その結果、話すことに対するモチベーションが湧かなくなり、次のミーティングにも参加しづらくなってしまうことも。

ミーティングを価値あるものにするためにも、しっかりと相手の顔を見て、笑顔でうなずきながら話を聞くことを意識してみてください。そうすることで、話している側も緊張が緩み、議論も活発になるはずです。

飲食店における目標の立て方とは?

先ほど、飲食店でのチームワーク向上には「目標設定」がポイントになるとお伝えしました。では、実際にどのように目標を立てれば良いのでしょうか。その方法を見ていきましょう。

  1. 高すぎる目標設定はしない
  2. 目標は「段階的」につくる
  3. アルバイトにも売上目標を共有する

高すぎる目標設定はしない

飲食店であれば、一般的に「1ヶ月の売上〇〇万円」といった目標を立てるかと思います。ここで注意すべきは、達成できないほどの高い目標を立ててしまうのはNGということ。

絶対に達成できないような目標を設定すると、スタッフは「そんなの無理に決まっている」「ゴールが見えない」と感じ、仕事に対してやりがいを感じられない状態になってしまいます。

チームで一丸となって頑張れば達成できそうな目標を立てる。まずここが大事なポイントの一つです。

目標は「段階的」につくる

目標は「段階的」に立てるのが効果的です。まず「頑張れば達成できる目標」をつくります。すぐに達成できるはずなので、その後に「中間の目標」をつくりましょう。

そして最後に「チームとして目指したい大きな目標」を設定するのがベストです。

いきなり高すぎる目標を立てるのではなく、徐々に高い目標へとレベルアップさせていくのが良いでしょう。

アルバイトにも「1日の売上目標」を共有する

多くの飲食店には、社員だけでなくアルバイトも在籍しているかと思います。ただ、もしかすると「社員にしか売上目標を共有していない」といった飲食店もあるかもしれません。

しかし、チームにとって「アルバイトのやる気」はとても重要になってくるので、アルバイトに対しても売上目標を共有するのがオススメです。また、1ヶ月の売上目標だとなかなか伝わらないのが現状かと思うので、まずは「1日の売上目標」を共有してみましょう。

そうすることで、アルバイトも「自分も店舗の一員なんだ」という自覚が生まれ、やる気アップにつながります。

飲食店スタッフのチームワーク向上事例

続いて、飲食店スタッフのチームワーク向上事例を見ていきましょう。ここでは、弊社が提供する社内SNS「Talknote(トークノート)」を導入し、スタッフのチームワークが向上した事例をピックアップ。自社のチームワーク向上にもぜひお役立てください。

【事例1】株式会社Ton Ton

株式会社Ton Ton

株式会社Ton Tonは、飲食や不動産をメインに幅広い事業を展開する会社です。とくに飲食事業の「創作お茶漬け専門店 だよね。」は、国内のみならず海外にも進出しています。2018年には「働きがいのある会社ベストカンパニー」にも選出。

以前まで、情報共有ツールとして「メール」を使っていた同社。しかし、「1対多数の連絡がしづらい」「返信が遅い」などの理由から、他部署・他事業とのコミュニケーションもうまくいっていなかったといいます。

チームとしての力も発揮するためにも、「Talknote」を導入することに。

【チームワーク向上のポイント】

  1. Talknoteをキッカケに社員同士の会話量が増え、チーム内の距離がグッと縮まった
  2. チーム全体の動きが見えるようになり、「最近調子良さそうだね」など部署を超えたコミュニケーションも生まれるように
  3. グループ機能によってスピーディーな情報共有が可能となったことで、社員の生産性向上につながった

スムーズな情報共有ができるようになったことで、業務効率はもちろん、社員同士の距離がグッと縮まり、チームワーク向上へとつながった事例といえるでしょう。

【参照】 [活用事例] 株式会社TonTon

【事例2】株式会社SUU・SUU・CHAIYOO

株式会社SUU・SUU・CHAIYOO

株式会社SUU・SUU・CHAIYOOは、2004年の「タイの食卓 クルン・サイアム 自由が丘店」のオープンを皮切りに、今では国内14店舗のタイ料理店を展開する会社です。タイ人シェフが手がける本格料理は多くの人気を集めています。

以前まで「メーリングリスト」と「FAX」で情報共有をおこなっていた同社。しかし、店舗拡大・スタッフ増加にともなって「チーム内のコミュニケーションの取りづらさ」に課題を抱えていたといいます。

そこで、チーム内での情報共有量を増やし、いつでも内容を見返せる環境が必要だと考え「Talknote」を導入することに。

【チームワーク向上のポイント】

  1. 各店舗ごとの動きやノウハウが「見える化」され、チームの動きが円滑になった
  2. いいね!機能によって、お互いに「認め合う文化」がつくられ、社員の積極性が増した
  3. 会社としての理念・想い・考えが浸透したことで、社員の帰属意識が高まった

スムーズな情報共有によって社内の動きが「見える化」され、スタッフの積極性向上・チームワーク向上につながった事例といえるのではないでしょうか。

【参照】 [活用事例] 株式会社SUU・SUU・CHAIYOO

【事例3】株式会社エー・ピーカンパニー

株式会社エー・ピーカンパニー

株式会社エー・ピーカンパニーは、「食のあるべき姿を追求する」というミッションのもと、地鶏料理店「塚田農場」や海鮮居酒屋「四十八漁場」など、国内外含め260店舗の飲食店を展開する会社です。2016年には「働きがいのある会社ランキング」でベストカンパニーにも選出。

以前まで「メール」と「FAX」で情報伝達をおこなっていた同社。しかし、本部から店舗には、本来伝えたい情報の40%程度しか伝わっておらず、チーム内でのコミュニケーションに「行き違い」があったといいます。

そのようなコミュニケーションロスを減らし、チーム力を上げるために「Talknote」を導入。

【チームワーク向上のポイント】

  1. Talknote上で「生産者の想い」を共有できるようになり、スタッフの「商品への感情移入度」が高まった
  2. スムーズな情報共有によってスタッフの商品知識が増え、個人・チームとしての「商品の販売意欲」が増した
  3. 「自分のために」という気持ちで働いていたスタッフが、気づけば「世の中のために」というモチベーションに変わっていた

社内コミュニケーションが円滑になったことで、スタッフ個人の当事者意識が向上し、チームとして一体感が生まれた事例といえるでしょう。

【参照】 [活用事例] 株式会社エー・ピーカンパニー

【飲食店のチーム力向上にも効果的!社内SNS製品紹介】エンゲージメントクラウド「Talknote」

エンゲージメントクラウドTalknote アイキャッチ画像

社員のエンゲージメントを高める社内コミュニケーションツールとして、弊社が提供しているエンゲージメントクラウド「Talknote」をご紹介させてください。Talknoteは、社内コミュニケーションの解決をはじめ企業理念の浸透、業務の効率化を期待できます。

使い方はいたってシンプル。Talknoteは「グループ」「メッセージ」「タスク」の3つの機能のみで構成されているため、SNS慣れしていない方でも簡単にお使いいただけます。その利便性から、すでに約1,000社の企業様に利用いただき、多くの企業様が高い満足度を感じています。

またTalknoteでは、導入を検討する法人向けに「無料体験会」も実施。専任のコンサルタントによって、Talknoteの機能や活用事例について詳しい説明を受けられます。毎日開催(予約制)しているのでぜひ詳細をチェックしてみてください!

【参照】 [毎日開催/無料] Talknote無料体験会

【まとめ】飲食店のチームワークについて

本記事では、飲食店のチームワークについてお伝えしてきました。
オンボーディングについて要点をまとめると下記の通りです。

【飲食店のチームワークの要点まとめ】

  • 飲食業界は離職率が高く、人材の入れ替わりが激しい業界
  • 厳しい業界だからこそ、一人ひとりの生産性を高め、チームワークを向上させる必要がある
  • チームワークの向上は顧客満足度を高め、店舗の売上アップにもつながる
  • ミーティング時では「傾聴姿勢」が重要
  • チームワークの成功事例などを参考に自社でできることから始めよう

高い離職率にともなう人材不足が叫ばれる飲食業界。店舗でのチームワークについて、多くの経営者が頭を抱えているかと思いますが、本記事の内容は参考になりましたでしょうか。

チームワークを高めることは、社員・アルバイトのやる気アップ、さらには店舗の売上向上にもつながるはず。ぜひ自社スタッフのチームワークを高めて、活気ある店舗を目指しましょう。

引き続き、本メディアでは社内のエンゲージメント向上に役立つ情報をお届けしていきます。