従業員エンゲージメントの必要性とは?【事例あり】 アイキャッチ画像
  • 「従業員エンゲージメントの必要性とは?」
  • 「従業員エンゲージメントの要素や効果について知りたい」
  • 「従業員エンゲージメントが高い企業について知りたい」

この記事は、そんな方のための記事です。「社員のエンゲージメントが必要なのはわかるけど、その必要性とは具体的に何…?」と考えている経営者・人事の方も多いはず。そこで今回は、従業員エンゲージメントの必要性について詳しく解説します。

本記事のポイント

  • 従業員エンゲージメントの必要性がわかる
  • 従業員エンゲージメントを構成する要素や効果がわかる
  • 従業員エンゲージメント向上に成功した企業の事例がわかる

今回の記事の内容をしっかりと押さえておけば、社員のモチベーションだけでなく会社の売上にもよい影響があるはずです。

従業員エンゲージメントとは?

従業員エンゲージメントとは「社員が会社に対して貢献しようとする姿勢」のことです。エンゲージメントは日本語で「契約」「約束」「雇用」という意味があり、会社と社員のつながりの強さをあらわしています。

また従業員エンゲージメントは、社員が「会社のビジョン」に共感しなければ生まれないといわれます。会社と社員がお互いに信頼しあい、「相手の幸せが自分の幸せ」と思えるような関係であることも重要。

意味が混同されやすい用語として「従業員満足度」があります。従業員エンゲージメントが「会社に貢献したいという姿勢」であるのに対して、「給与や福利厚生・職場環境などに対する満足感」をあらわすのが従業員満足度です。

従業員エンゲージメントはなぜ必要か? 必要性の裏側、背景

近年、注目を集めている従業員エンゲージメントですが、一体なぜ必要なのでしょうか? その必要性と背景について見ていきましょう。従業員エンゲージメントが重要視されるのには、具体的に以下のような理由があげられます。

1. 人材の流出を防ぐため

1つ目に「人材の流出を防ぐ」があげられます。就職活動ではほぼ売り手市場である現代において、採用難に苦しむ企業がとても多いのが現状です。つまり、新たな人材を確保するよりも「今いる社員のモチベーションをいかに上げるか」が重要となるわけです。

事実上、終身雇用制度も崩壊していることから、社員には「いかに短期間で実績を残すか」が求められます。そのため、優秀な人材ほど待遇の良い会社に流れていってしまうのです。そのような人材の流出を防ぐためにも、従業員エンゲージメントを高め、会社と社員の絆を強くすることが重要となります。

2. 多様化する社会に対応するため

2つ目に「多様化する社会に対応する」ことがあげられます。多様な人材を積極的に活用する、いわゆる「ダイバーシティ」という考え方が浸透しつつある今。多様化の流れに対応できない会社は淘汰されてしまいます。急速な社会の変化についていくためにも、社員一人ひとりが主体的に考え・行動することが求められるのです。そのような主体的な状態を作り出すことと従業員エンゲージメントは深く関係しています。

出勤時間を自由に設定できるフレックスタイム制や、好きな場所で働けるリモートワークなどを取り入れる会社も増えています。社員に「会社に貢献したい」と思ってもらうためには、そういった働き方の変化に対応することも重要です。

3. 顧客満足度を上げるため

従業員エンゲージメントは「顧客満足度」にも大きな影響を与えます。社員の「会社に貢献したい」という気持ちは、業務の質を高めるのです。つまり、社員の生産性が上がり「よりよいサービス・商品をお客様に届けたい」という意識になるのです。それが形になり、最終的に顧客満足度のアップへつながります。

事実、従業員エンゲージメントの上昇によって顧客満足度も上昇した事例はたくさんあります。アメリカの某食品製造会社では、「30%の従業員エンゲージメント上昇に伴って顧客満足度も16%上昇した」という結果がでました。顧客満足度が高まれば、リピート率や新規顧客紹介といった相乗効果も生まれるのです。

従業員エンゲージメントの要素とは?

従業員エンゲージメントの必要性について解説しましたが、それらを構成する「要素」には一体どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、その要素について具体的に解説します。

1. 会社のビジョンに共感する要素

従業員エンゲージメントを構成する要素の中でも極めて重要なのが「社員がビジョンに共感する要素」です。ビジョンへの共感は、エンゲージメントにおいて重要かつ本質的な要素ともいえます。

しかし、ひとくちに「ビジョンへの共感」といっても、決して企業理念や企業文化を押しつけるわけではありません。会社としての軸はもちろん、社員一人ひとりの将来の目標や人生設計を「会社の将来像」に照らし合わせることが大切になります。だからこそ社員は、自分の属する企業に対して情熱を注ぎ、事業にコミットできるようになるのです。

以上のように、会社と社員がWin-Winな関係を保つためにも、日頃から経営陣がビジョンの共有を行なったり、社内コミュニケーションを円滑にする工夫を行う必要があります。

2. 仕事のやりがいを生み出す要素

次にあげられるのが「仕事へのやりがいを生み出す要素」です。仕事への努力や会社への貢献によって結果が出ることは、社員にとって大きなモチベーションへとつながります。このような「成功体験」は、大きな自信となり、社員自身の自己肯定感アップにも結びつくのです。

また、仕事における「結果」には2つの種類があります。まず「売上や集客など明確な数字」、それから「他の社員からの承認や評価」です。従業員エンゲージメントを高めるためには、社員のノルマ達成だけでなく、周りから賞賛されるような職場環境を作ることが大切です。以上の2つが満たされると、社員のエンゲージメントはますます高くなるでしょう。

3. 職場での働きやすさを高める要素

3つ目にあげられるのが「職場での働きやすさを高める要素」です。社員にとって「働きやすさ」や「居心地の良さ」は精神面の安定をもたらします。働きやすい環境を作る要素には、たとえば上司に対して意見を言いやすい雰囲気だったり、若い社員が受け入れやすい組織風土だったりとさまざまです。

とくに社内コミュニケーションは重要です。会社には上司や先輩、他部署などさまざまな社員がいます。社員同士のコミュニケーションが「一方通行」になると、従業員エンゲージメントも下がってしまうのです。業務上のやり取りだけでなく、社員が一個人として関わっていられるような和やかな社内の雰囲気づくりが重要になります。

従業員エンゲージメントの効果、業績への影響とは?

続いて、従業員エンゲージメントの効果を見ていきましょう。従業員エンゲージメントの向上は、採用に関する効果だけでなく企業の業績にも大きくプラスに働きます。具体的な効果は以下のとおりです。

1. 離職率が下がる

代表的な効果のひとつにあげられるのが「離職率の低下」です。先述したように、社内の従業員エンゲージメントが高いということは、「今いる会社に貢献したい」と思う社員が多いということでもあります。

社員が会社のビジョンに共感している中で、個々のスキルアップが望めたり、福利厚生が充実していたり。また「社員に対する思いやり」が明示されていたりすれば、辞めたいと思う社員もグッと減るわけです。

採用難が叫ばれている現代だからこそ「今いる社員を大切にする」ことが重要となります。

2. 採用費を削減できる

企業において大きなコストとなるのが「採用費」です。ほぼ売り手市場である昨今においては、多額の採用費をかけても人材が集まるとは限りません。また、一人当たりの採用コストは約50万円ともいわれています。この費用は、広告や商品開発に力を入れたい企業にとってはかなりの痛手ですよね。

そこで従業員エンゲージメント向上が重要となります。従業員エンゲージメントの向上によって、社員一人ひとりの「生産性」がアップすれば、わざわざ新しい人材を募集する必要がなくなります。社内の ”足場” を固めることで無駄なコストが削減できれば、より多くの利益を出すことも可能です。

3. 業績がアップする

従業員エンゲージメント向上によって顧客満足度が上がると、それに付随して売上アップも期待できます。これに深く関係するものに、社員満足(ES)→顧客満足(CS)→組織間満足(社内CS)→企業利益向上となる「満足のピラミッド」と呼ばれる相関図があります。

満足のピラミッド図

【参考】 戦略的CS・ES経営コンサルティング|株式会社三菱総合研究所

図の循環の中でも最初にくるのが「社員のやる気」となっています。一人ひとりの社員のモチベーションこそ、売上アップの源泉といえるでしょう。

【事例紹介】従業員エンゲージメント向上事例

ここでは、従業員エンゲージメント向上に成功した企業の事例をご紹介します。なかでも、弊社が提供するスピーディーな情報共有や利便性に富んだUIが魅力の「Talknote(トークノート)」を導入し、エンゲージメント向上に成功した企業をピックアップしています。

【事例1】株式会社SUU・SUU・CHAIYOO

【事例1】株式会社SUU・SUU・CHAIYOO画像

株式会社SUU・SUU・CHAIYOOは、タイ料理店「タイの食卓 クルン・サイアム 自由が丘店」を皮切りに国内14店舗を展開する会社です。2017年にはタイにも出店しており、そのアットホームな店内とタイ人シェフが作る本格タイ料理は人気を集めています。

同社では、短期間で店舗数が増えたため「社員同士のコミュニケーションの取りづらさ」に疑問を抱えていたようです。経営に関しては問題なかったものの、「もう少しスタッフが当事者意識を持って働ければ、生産性も上がるはず」と考え、Talknoteの利用を開始。

具体的な従業員エンゲージメントの効果はこちらです。

  • 「いいね!」やコメント機能によって社員同士が承認し合うようになった
  • 利便性に富んだUIによって、日本語が苦手な外国人スタッフとのコミュニケーションも円滑化した
  • グループ機能によって情報伝達がスムーズになり、社員のストレスが大幅に減った

Talknoteの優れたUIによってコミュニケーションが円滑になり、社員の承認欲求が満たされ、お互いに尊重しあうようになった事例。従業員エンゲージメント向上の事例といえるのではないでしょうか。

【参照】 [活用事例] 株式会社SUU・SUU・CHAIYOO

【事例2】株式会社エー・ピーカンパニー

【事例2】株式会社エー・ピーカンパニー画像

株式会社エー・ピーカンパニーは、「食のあるべき姿を追求する」というテーマのもと、地鶏料理店「塚田農場」や海鮮居酒屋「四十八漁場」など多様な飲食店を展開する会社です。今では国内に260店舗にまで拡大しており、2016年には「働きがいのある会社 ベストカンパニー」にも選出されています。

以前までメールとFAXが主なコミュニケーションツールだったという同社。しかし、「情報伝達が遅い」「本来の40%の情報しか届いていない」といった課題があり、社員もストレスを抱えていたようです。そこでTalknoteの導入を開始。

具体的な従業員エンゲージメントの効果はこちらです。

  • コミュニケーションコストが下がったことで、社員の「接客の質」「商品への感情移入度」が向上し、売上が18%伸びた
  • 従業員の当事者意識が醸成されたことで、アルバイトの離職率が10%低下し、正社員化が15%増加した
  • 個々人のモチベーションも大幅にアップし、生産者と現場スタッフにも強いつながりが生まれた

コミュニケーションコストの削減によって、社員のストレスが減り、個々人の当事者意識もアップした事例。こちらも従業員エンゲージメント向上の事例といえるのではないかと思います。

【参照】 [活用事例] 株式会社エー・ピーカンパニー

【社内コミュニケーションツール製品紹介】社内コミュニケーションツール「Talknote」

社内コミュニケーションツールTalknote アイキャッチ画像

弊社が提供している社内コミュニケーションツール「Talknote」をご紹介させてください。Talknoteは、社内コミュニケーションの解決をはじめ企業理念の浸透、業務の効率化を期待できる社内コミュニケーションツールです。

使い方はいたってシンプル。Talknoteは「グループ」「メッセージ」「タスク」の3つの機能のみで構成されているため、SNS慣れしていない方でも簡単にお使いいただけます。その利便性から、すでに約1,000社の企業様に利用いただき、多くの企業様が高い満足度を感じています。

web相談会

テレワークご検討中の方へ WEB相談会開催中!
Talknoteの機能やテレワークでの活用例など、デモ画面とともご説明します。
まだ検討段階という方も歓迎ですので、お気軽にご参加下さいませ。
全力でサポートさせていただきます!

【こんな方にオススメ!】
・テレワークの導入を検討している方
・テレワークで起きている問題について相談したい方
・色々なツールを比較してみたものの、違いがよく分からない

[無料] Talknote無料相談会のお申し込みはこちらから

まとめ

本記事では、従業員エンゲージメントの必要性について、以下のようなポイントをお伝えしてきました。

  • 従業員エンゲージメントの必要性がわかる
  • 従業員エンゲージメントを構成する要素や効果がわかる
  • 従業員エンゲージメント向上に成功した企業の事例を知れる

従業員エンゲージメントの向上は、社内の雰囲気を良くするだけでなく、会社の売上にも大きく貢献してくれます。そのキッカケとして、まずは「その必要性」をしっかりと覚えておきましょう。ぜひ今回の内容をよりよい会社づくりに役立ててくださいね。

引き続き、本メディアでは社内エンゲージメント向上に役立つ情報をお届けしていきます。