従業員満足度(ES)向上の事例、具体例5選【2019年最新版】 アイキャッチ画像
  • 「従業員満足度が向上した事例、具体例を知りたい」
  • 「従業員満足度を上げる、または測るシステムを導入したい」
  • 「従業員満足度の効果について知りたい」

この記事はそんな方のための記事です。組織活性化のために欠かせない「従業員満足度(ES)」。文字通り「社員がどれくらい会社に満足しているか」を指す言葉です。従業員満足度は、福利厚生や職場の人間関係、マネジメント、仕事へのモチベーションなど、さまざまな要因が影響を与えます。

そこで今回は、従業員満足度を向上させたい経営者・人事の方向けに「従業員満足度向上の事例」を詳しくご紹介します。

本記事のポイント

  • 従業員満足度向上の具体例がわかる
  • 従業員満足度の向上につながるシステム導入について知ることができる
  • 従業員満足度の具体的な効果がわかる

従業員満足度の向上は、企業の成長によって必要不可欠といっても過言ではありません。ぜひ今回の内容から、従業員満足度向上のヒントを掴んでください。

従業員満足度(ES)向上の事例、具体例5選

それではさっそく、従業員満足度(ES)向上の事例をご紹介します。ここでご紹介するのは、弊社が提供するエンゲージメントクラウド「Talknote」を導入した企業の成功事例です。従業員満足度は、「情報共有がスムーズであるか?」「社内SNSのUIが使いやすいか?」「スタッフの承認欲求が満たされているか?」などで大きく左右されます。ぜひ以下の事例を参考にしながら、従業員満足度アップにつなげましょう。

株式会社フロジャポン

[活用事例]株式会社フロジャポン画像

株式会社フロジャポンは、ケーキやタルト・焼菓子・洋惣菜を販売する「フロ プレステージュ パリ」を展開する会社です。元々フランスで創業された同社は、今では国内114店舗にまで拡大しています。

国内114店舗を抱える同社では、本社と店舗とのコミュニケーションが課題だったようです。とくに「情報伝達の遅さ」「認識のズレ」に問題を抱えており、それあらがスタッフのモチベーション低下にもつながっていたといいます。そこでTalknoteの利用を開始。

【従業員満足度向上につながったポイント】

  • リアルタイムでの情報共有によって店舗スタッフのモチベーションが向上した
  • 店舗スタッフの細かい意見も共有できるようになり、経営方針の改善に繋がった
  • コミュニケーションが円滑になったことで、店長会議の数が減った

情報伝達がスムーズになったことで経営陣と店舗スタッフとの「行き違い」が大幅に減り、スタッフのモチベーションが向上した事例です

【参照】 [活用事例] 株式会社フロジャポン

メーキュー株式会社

[活用事例]メーキュー株式会社画像

メーキュー株式会社は、「おいしさ楽しくMAKE for YOU」のコンセプトのもと、愛知県を中心に学校給食・病院給食・社員食堂・福祉施設向け食事サービスなどを手がける会社です。

1960年に創業された同社ですが、情報伝達が紙面かメールで行われていたことが、社内コミュニケーションの減少につながっていたといいます。なかでも若手社員にとっては働きにくい雰囲気だったとのこと。そこで全社員にTalknoteを導入することに。

【従業員満足度向上につながったポイント】

  • 事業所間の情報共有がスムーズになり、社員の生産性が向上した
  • いいね!を贈り合う「承認文化」が根付いた
  • 内定者にもTalknoteで社内の様子を共有することで、より良い状態で入社してもらえるようになった

若手からベテランまで幅広い社員が在籍している同社。思い切ってTalknoteを導入したところ、事業所間はもちろん内定者のモチベーション向上にまで成功しました。

【参照】 [活用事例] メーキュー株式会社

株式会社ヴィエリス

[活用事例]株式会社ヴィエリス画像

株式会社ヴィエリスは、「すべての女性をもっとキレイに」を経営理念に、国内43の全身脱毛サロンを展開する会社です。業界No.1の口コミ数を誇り、多くのタレントやモデルからも支持を集めています。

これまで情報共有ツールとしてLINEを利用していた同社ですが、「公私混同してしまう」「ビジネスツールとして使いにくい」といった課題があったようです。これらが社員のエンゲージメント低下にもつながりかねないと考えた同社は、Talknoteの導入を開始。

【従業員満足度向上につながったポイント】

  • アクションリズム解析など優れた機能によって、社員のケアが可能となった
  • 社員同士の「褒め合う文化」の形成により、社内全体のモチベーションが向上した
  • 業務の修正と改善がスムーズになり、経営にも余裕が生まれた

Talknoteの「スピーディーな情報共有」「承認欲求を満たす機能」によって従業員満足度が高まった事例です。

【参照】 [活用事例] 株式会社ヴィエリス

株式会社SUU・SUU・CHAIYOO

[活用事例]株式会社SUU・SUU・CHAIYOO画像

株式会社SUU・SUU・CHAIYOOは、国内に14店舗の「タイ料理」を中心とする飲食店を展開する会社です。アットホームな雰囲気とタイ人シェフが手がける本格タイ料理は多くの人気を集めています。

店舗数が増えるにつれて、社内コミュニケーションの取りづらさを感じていた同社。経営陣から社員への「一方通行な情報伝達」に課題を感じていたようです。そこでTalknoteの導入を開始。

【従業員満足度向上につながったポイント】

  • コミュニケーションが円滑になったことで、社員の「情報共有に対するストレス」がなくなった
  • 店舗が離れていても「いいね!」を贈り合うことできるため、社員のモチベーションが高まった
  • 各店舗の動きやノウハウもすぐに共有できるため、新入社員の教育もスムーズになった

経営陣→社員の一方向だけでなく、経営陣⇄社員の双方向でのコミュニケーションが可能になったことで、社員エンゲージメントが高まった事例です。

【参照】 [活用事例] 株式会社SUU・SUU・CHAIYOO

ケアプロ株式会社

[活用事例]ケアプロ株式会社画像

ケアプロ株式会社は、予防医療と在宅医療事業を展開する会社です。医療業界に革新をもたらすべく、「24時間365日対応の訪問介護ステーション」など、さまざまな事業モデルやサービスを提供しています。

メールとメッセンジャーでの情報共有がメインだった同社。メールは情報整理が難しく、かといってプライベート性の強いメッセンジャーでは、ナレッジ共有や情報の蓄積に限界があったといいます。また、2つのツールを使うのは、社員にとっても負担になっていたそう。そこでTalknoteの導入を開始。

【従業員満足度向上につながったポイント】

  • 離れた事業所間でもタイムリーな情報共有ができるようになった
  • コミュニケーションの「質」が高くなり、社員の帰属意識が増した
  • 月末の業務が1時間短縮され、社員の負担が減った

電子カルテなど大量の情報を扱っている同社にとって「情報の集約化」は最重要ともいえます。Talknoteによって情報共有がスムーズになり、その結果、従業員満足度も高くなったようです。

【参照】 [活用事例] ケアプロ株式会社

従業員満足度向上の効果とは?

従業員満足度が向上すると、一体どのような効果があるのでしょうか? ここでは、従業員満足度向上による具体的な効果をご紹介します。

従業員満足度向上の効果とは?

従業員満足度が高まると、さまざまなプラスの効果が生まれます。とくに期待できるのが「社員の帰属意識向上による人材の確保」「モチベーションの向上」「生産性の向上」「顧客満足度の向上」です。

業績・顧客満足度との相関は?

従業員満足度と企業の業績には「満足度が高まれば業績もアップする」という相関関係があります。なぜなら、従業員満足度の向上によって ”顧客満足度” も向上するからです。

その構造は、社員のモチベーションが高まる→顧客に良いサービスを提供しようと考える→生産性アップ→顧客満足度が高まる→会社の業績アップ、です。

逆に従業員満足度が低いと、自らスキルアップしようという向上心が生まれないため、生産性が下がり、顧客へのサービスの質も下がってしまいます。それに加えて、社員の会社に対する愛着や忠誠心も失われるため、離職率が高くなります。

従業員満足度の調査方法は?

ここで押さえておきたいのが、従業員満足度調査(ES調査)です。文字どおり「従業員が業務内容や人間関係、職場環境においてどれくらい満足しているか」を測る調査となります。さまざまな働き方が生まれている昨今、ES調査を実施しはじめている企業は多いです。

ES調査の目的には「社員モチベーションの可視化」「人事制度・人事施策としてのPDCA」などが挙げられます。社員の満足度の ”可視化” は、人材育成や採用にも活かせるのです。

具体的な調査方法は、「仕事内容」「スキルアップ」「会社への愛着」「社内の雰囲気」についてアンケートを取ります。

【従業員満足度向上!社内SNS製品紹介】
エンゲージメントクラウドTalknote

エンゲージメントクラウドTalknote アイキャッチ画像

社員のエンゲージメントを高めるSNSとして、弊社が提供しているエンゲージメントクラウド「Talknote」をご紹介させてください。Talknoteは、社内コミュニケーションの解決をはじめ企業理念の浸透、業務の効率化を期待できるSNSです。

使い方はいたってシンプル。Talknoteは「グループ」「メッセージ」「タスク」の3つの機能のみで構成されているため、SNS慣れしていない方でも簡単にお使いいただけます。その利便性から、すでに約1,000社の企業様に利用いただき、多くの企業様が高い満足度を感じています。

またTalknoteでは、導入を検討する法人向けに「無料体験会」も実施。専任のコンサルタントによって、Talknoteの機能や活用事例について詳しい説明を受けられます。毎日開催(予約制)しているのでぜひ詳細をチェックしてみてください!

【参照】 [毎日開催/無料] Talknote無料体験会

従業員満足度とエンゲージメントの違いとは?

よく混同されやすいのが「従業員満足度」と「従業員エンゲージメント」です。実はこの2つは、よく似ている言葉のため混同しやすいのですが、意味合いが少し異なります。ここでサラッとインプットしておきましょう。

まず従業員満足度ですが、先述したように「社員が会社に対してどれくらい満足しているか?」を指す言葉です。一方の従業員エンゲージメントは「社員が会社に対して ”価値を見出したい” と積極的に思っている状態」のことを指します。

つまり、従業員満足度が「単に現在の満足度をあらわす指標」であることに対して、従業員エンゲージメントは「すでに社員が積極的になっている姿勢」を示しているわけです。

どちらも企業の成長にとって重要な概念ではありますが、意味が混同しやすい用語でもあるので、以上の内容をよく覚えておきましょう。

まとめ

本記事では、従業員満足度(ES)について、以下のようなポイントをお伝えしてきました。

  • 従業員満足度向上の具体例がわかる
  • 従業員満足度の向上につながるシステム導入について知れる
  • 従業員満足度の具体的な効果がわかる

組織の活性化・成長にとって従業員満足度の向上は重要です。また従業員の数が多くなればなるほど、経営陣と社員との「コミュニケーションの行き違い」が生まれ、従業員満足度も低くなりやすいでしょう。それらを防ぎ、より組織を活性化させるためにも、ぜひ新たな取り組みを始めて従業員満足度をアップさせましょう!

引き続き、本メディアでは社内エンゲージメント向上に役立つ情報をお届けしていきます。