2016-04-12T21:27:39+00:00 2012/05/24|メディア掲載|

TechWaveに『たった2日間で数千人の有料会員を獲得した企業向けSNSの「Talknote」、登録企業数2000社突破の軌跡』という記事が掲載されました

たった2日間で数千人の有料会員を獲得した企業向けSNSの「Talknote」、登録企業数2000社突破の軌跡
という記事が掲載されました。

最後に記載のあった文章が嬉しかったので転載します。

————————————————————————————
2年以上前にTechWaveで紹介記事が書かれ、僕自身が2010年5月28日(iPadの発売日)に、Ustream Studio渋谷で実施したイベント「Change!」のプレゼンバトルにも出演してもらったが、当初から宝の原石を抱えていたサービスだったように思える。当初、日本社会の現状からみると、フリーランス的コラボは市場も小さいしビジネス的には難しいのではないかと思っていたが、期待以上に進化して嬉しく思う。
トークノートの魅力は、よくあるFacebookやTwitterなどの寄せ集めではなく、小池社長が感じる「仲間との縁を豊かするソーシャルコミュニケーション」の理想像が、サービスの端々に見え隠れすること。小池氏はブログの中でこう表現する。「公開した直後のものは、まだ生まれたばかりの赤ちゃんだと思っています。この世に生み出したこのページをちゃんとした大人に育てるべく、これからもブラッシュアップを続けていきます」。よくピボットを切り捨てるだけと誤解する人がいるが、目標に邁進するための三段飛びと考えた方がいいように思う。
————————————————————————————

2010年2月、TalknoteはグループメッセージングアプリとしてTechCrunch TokyoCampで発表したのですが、
その時、はじめて記事にしていただいたのがTechWaveさんでした。

マイクロソーシャルコミュニケーションサービス「Talknote」【東京Camp】
http://techwave.jp/archives/51405959.html

3ヶ月後の2010年5月、増田さんには「Change!」のプレゼンバトルにも出演させていただいたわけですが、
その後、TechWaveさんで記事にしていただく機会には恵まれず、今回の記事が2年3ヶ月ぶり2度目の記事となりました。

この間、いろんなことがあってここまでやってきたわけですが、
その過程をこんなにもきちんとみていただいている、僕らの想いをわかっていただいている、
ということが何よりも嬉しかったです。

増田さん、今度ともよろしくお願い致します。